強く儚い者達 10

真実の名を知っているのは名をくれた両親だけ。
その名を明かしていいのは生涯一度きり。
真実の名は王家の男子のみに与えられるもの。
真実の名を知る者は強い意思をもってすれば相手を支配できる。
だから、生涯一度だけ己の名を託す。
伴侶となる女性に。
それは命を預けるようなもの。
真実の名を明かさぬまま婚姻する者達も多い。
不貞を働くのに、自分を支配する力を持つ妻の存在は邪魔でしかないからだ。
そんな大人達の事情を知ったのはいつだったか。
祖父も父もただ一人の女性だけを見てきたから、大分遅かったかもしれない。
俺自身、突然現れて強引に婚約者へ真実の名を教える気は全く起きなかった。
信用できる相手ではなかった事と…何よりも本能がそれをさせなかったのではないかと思う。
この女ではないと、運命の相手は他にいると深層意識がそう認識していたのではないかと思う。
隣国の姫には…何度も誘われていたのは事実だ。
事実だけど……姫に触れる気はなくて逃げていた。
姫が滞在する間は休む部屋を日ごと変えていた。
かわすのが面倒になったから。

いつかは覚悟しなければと思ってはいた。
国の為に。
国を背負う覚悟をし、王となる者の務めとして旅に出たつもりだったが、間違っていたようだ。

この度は王たる者の試練ではない。
王が愛する者を取り戻す為の旅なのだ。

それはヒズリ家が王位を継承するようになってから背負った定め。
それ以前はフワ家が…。

フワ家からヒズリ家に王位が移行した時、王となる資格を得ていたのは、祖父と父と……俺。
祖父と父の真実の名を知るのは祖母と母。
俺の真実の名を知っていたのは……両親と……。

『キョーコ!』
『レン様は王子様になっちゃったのね。もう、一緒に遊べないの?レン様?』
『そんなことはないよ!』
『でも、母様が言っていたもの。レン様はどこか他の国のお姫様と結婚するって。』
『しないよ。僕はキョーコがいいんだ。キョーコ、君が好きなんだ。ずっと君だけが好きだった。僕のお妃様になって。』
『どうやって?』
『いい方法があるんだ。耳を貸して、キョーコ。』
『?』
『僕の本当の名前を教えてあげる。』
『レン様。』
『僕の本当の名前はね。』

ーーークオンだよ。ーーー

「っ!!」

記憶がない!
その後、キョーコと俺はどうした?
キョーコは……どうなった?

「思い出したみたいね。」

俺の中から……誰の記憶からもキョーコの存在が消えた瞬間。
俺が平穏だった彼女の運命を変えてしまった。

俺が彼女に早過ぎる試練を与えてしまった。

この島は王位を継ぐ者の真実の名を知る者の…伴侶となる者を捕らえる島。










こっそり、ひっそり、気ままに記事アップ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

げっか(月華)

Author:げっか(月華)
蓮キョ大好きです。
駄文しか書けませんが、よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
374位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

バナーリンク完了
画像つきリンクはバナーをお持ちのサイト様のみとさせていただきました。
私の実力的に無理なんで、すいません。

スキビ☆ランキング様
↓↓↓↓
スキビ☆ランキング様

妄想☆爆走ビート~スキップなんかじゃいられない 妄想☆爆走ビート マサシ様


ド素人のスキビブログ18禁様
ド素人のスキビブログ18禁 氷樹様


艶やかな微笑様
艶やかな微笑 peach tea no1様


桃色無印様
桃色無印 きゅ。様


pink@ピグ様 pink@ピグ きゅ。様


*ソラハナ*様
*ソラハナ* MOKOM様


SKB様

SKB Agren様


THE SACRED LOTUS 天音蓮華様

THE SACRED LOTUS 天音蓮華様


Kierkegaard様
Kierkegaard perorin様


蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様
蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様


サイト名:月と蝶
URL:http://tukitocho.blog.fc2.com/

よかったらアメブロへもどうぞ。
http://ameblo.jp/pochiouji/
月と蝶
携帯でもどぞ。
QR
月にとまった蝶々様カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる