DARK MOON ~月下の蝶~ 未緒

月明かりの下……貴方と二人きり。
貴方が来るのはわかっていた。
その為にあの馬鹿げた行為を繰り返したのだ。

「感心しないな。教師としてはね。」
「学校にバレたら、停学ね。それとも退学かしら?」

教師らしく……もっともらしく……貴方は言うけれど、本心はどうかしら?
私は知っているのよ。
認めたくないならそれでもいいわ。
貴方のほしいものになんて興味はないもの。
私がほしいのは……。



「ねぇ…先生?いい方法があるわ。」
「本郷?」
「先生が共犯者になればいいのよ。」

驚く貴方の首に抱き着いて、引き寄せる。
その唇に自分の唇を押し当てた。
触れるだけのキス。

「婚約者とあんな事を繰り返す割には慣れてないな……。」

それはそうよ。
キスなんてした事ないもの。
婚約したつもりもないわ。

「…じゃあ…教えて下さる?先生。」

私は彼を自室へと誘った。

「後悔しても知らないよ。」

後悔?

そんなのするわけがないじゃない。
彼に抱き上げられて、ベッドへと運ばれる。
これから始まる狂宴に私の心は踊った。



もう後戻りは出来ない……貴方も……私も……。



軋むベッドと、それに呼応しするように部屋中に響く私の声。
激しく揺さぶられる度に私は、快感という波にさらわれて行く。
息をする事さえ、ままならない。
慣れたはずの行為で、こんなにも翻弄させられるなんて思ってもみなかった。
同じ行為なのに心も身体も制御不能になる。



はじめは、ただの好奇心と母へのあてつけだった。
本郷が何?

そんな立派な家なの?
貴方の夫を見なさいよ。
裏では汚い事やって、家でも外でも愛人囲って。
金があるだけの欲かられた低脳な男じゃない。
それが本郷だというなら…じゃあ…私も父に習いましょうか?
どうせ、醜い傷をおった身だもの……それもいいわ。
こんな身体……もっと…もっと…穢れてしまえばいい。



たまたま来ていた男を誘っただけ。
大人の男が、17になったばかりの私の身体に溺れる様を見るのは楽しかった。
馬鹿な男。
何がいいのか私には少しも分からなかった。
何も感じないんだもの。
一度きりのはずだった行為は、その後、幾度となく続いた。
求められるままに身を任せて、いつしか自ら誘うようになった。
ただ一人の男を誘う為。
今、私を抱くこの男に見せ付ける為に、月の美しい夜を選んで、許婚の男を誘った。
この男に見せ付ける為だけに。
今、この時の為だけに。
……欲しくなったから。
恋だ、愛だなんて馬鹿らしいことは言わない。
ただ欲しくなった。
この男の苦痛に歪む顔を見たあの日から。
想いが通じて尚、結ばれる事のない、この男の心を知ってしまったから。
この男は私と同じ。
いいえ、背負う闇なら私より深い。
だって、この男は確実に父の命を狙ってるもの。
私にはわかるのよ。
もしかしたら、私も殺されるかもしれない。
私はそれでも構わないけれど……。
だから、欲しくなったの。

私と同じ闇が欲しい。



美月は貴方の手には入らないわ。
貴方が闇に生きる以上…あの子は貴方のモノにはならない。
だから、こっちへ来て。
貴方の闇をもっと見せて?
代わりに私の命なんてあげるわ。
本郷の血を絶やしたいと言うなら、手を貸して上げてもいいわ。



「君はもっと自分大切にするべきだ。」
苦しげに顔で彼が言った。
「君は何故……こんなマネをする?彼は君の何?」

さぁ?
……少なくともあの男を欲しいと思った事はないわ。
でも、一つわかった事があるわ。
何もかもが…貴方じゃなきゃ意味がないのよ。
これ以上、つまらない事は聞きたくないわ。
私に覆いかぶさる彼をさらに引き寄せてキスをした。



月の満ちたる美しい夜に私は貴方抱かれた。
……自分が恋に捕らわれている事すらも気づかずに。
一夜限りの私の恋だった。
それに気づいたのは、月が赤く染まった惨劇の夜。



月は人を狂わす。

血の臭いの充満する室内。
その血で手を真っ赤に染めた姉の足元には、こと切れた両親の姿があった。
返り血を浴びてさえ美しい姉。

「嘉月さん。私と一緒に逝きましょう?」

狂気に狂った女の刃が振りかざされる。

身体は自然に動いていた。

「未緒!!」

私を呼ぶ貴方の声。
背中が熱い。

温かな腕に強く抱きしめられた。

私が貴方の代わりに逝ってあげる。
貴方の闇も私が背負ってあげる。



焼けるような熱さと痛みに、私は意識を手放した。
貴方の腕に抱かれながら……。



私は闇に捕らわれた蝶。
月の夜だけ舞える蝶。
貴方は月。
眩し過ぎる陽の光の代わりに、私を照らしてくれ優しい光。









ぽち、すれ違いネタしかないのか??
ハピエン書きたい。





ランキングサイト様に登録しています。
お気に召して頂けましたら、お願いします。

スキビ☆ランキング様
↓↓↓↓
スキビ☆ランキング様
入り口

お世話になります。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■綺麗&切ない(*´д`*)

文章が綺麗!

美緒さま切ないわ!!!

エロめなはずなのに綺麗ってすごい!

2 ■それは未緒様だから……

>makoさん


最近気づきました。
私まともな蓮キョを書いた事ない。笑。

やっぱぇろっすよね??
明日のあさになったら閲覧不可になってたりして………あははは

覚悟してますともはい。

3 ■あれ~~~?


例の続きは…?
ずっと放置プレイ??
助けに行ったその後の展開は~~??

これはこれで美すぃい~のだけど。
そうそう、限定枠にした方が引っ掛かりやすい
気がするのよね。
えろフィルターに!!

ぽちさん、えろ開花宣言!!

確かに部長からのトス…
最初からえろ路線だったよね~?
うちらのは。うしし( ´艸`)

4 ■助け出されて一安心

>みーさん

なのでちょっと放置ぎみ……。

早く終わらせてしまいたい。

みーさんとこの超大作は……長かったね~。

お疲れ(^-^*)/


ちなみにぇろ開花宣言はしてません!!

5 ■いやあぁぁァァ‼w

かつきを誘うみおちゃん!
ドキドキしましたぁ♡

ベッドに連れて行かれるシーン、
きゃっきゃ言いながら1人笑いw

文才あっていいなぁ…
読みやすいし、わかりやすいです♪

6 ■文才無しよ。

>?セナ?さん

文才ないない!!
私かけらもないですから!!

書きたいこと書きたいように書いただけ……f^_^;

私は……いいのか!!とツッコミながら書いてました。

書いといてなんですが……。

あはははは……

喜んで頂けたなら幸いです。
プロフィール

げっか(月華)

Author:げっか(月華)
蓮キョ大好きです。
駄文しか書けませんが、よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
723位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
349位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

バナーリンク完了
画像つきリンクはバナーをお持ちのサイト様のみとさせていただきました。
私の実力的に無理なんで、すいません。

スキビ☆ランキング様
↓↓↓↓
スキビ☆ランキング様

妄想☆爆走ビート~スキップなんかじゃいられない 妄想☆爆走ビート マサシ様


ド素人のスキビブログ18禁様
ド素人のスキビブログ18禁 氷樹様


艶やかな微笑様
艶やかな微笑 peach tea no1様


桃色無印様
桃色無印 きゅ。様


pink@ピグ様 pink@ピグ きゅ。様


*ソラハナ*様
*ソラハナ* MOKOM様


SKB様

SKB Agren様


THE SACRED LOTUS 天音蓮華様

THE SACRED LOTUS 天音蓮華様


Kierkegaard様
Kierkegaard perorin様


蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様
蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様


サイト名:月と蝶
URL:http://tukitocho.blog.fc2.com/

よかったらアメブロへもどうぞ。
http://ameblo.jp/pochiouji/
月と蝶
携帯でもどぞ。
QR
月にとまった蝶々様カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる