梅祭りにいってみよー!!

「敦賀さん!見てください!!梅の木がこんなにたくさんありますよ。」
「すごく。いい香りだね。」
「はい。」
「これが梅の木ね。桜とは違った良さがあるね。つつましい感じもあるし。」
「でも敦賀さん。大変そうですね。」
「何が?」
「まぁ。近くにいけばわかりますよ。」
「え??」


梅1



「大丈夫ですか?」
「うん、何とか。」
「歩けますか?」
「油断してると引っかかりそうだよ。」
「高さがないですからね。」
「でも、香りがより感じられるよね。」
「はい。梅の香りに包まれてる感じです。」
「花弁、桜と違って丸いんだね。」
「日本画とかによく書かれてますけど、そのまんまですね。」
「うん。そのまんまだ。枝ぶりとかもね。」
「風情がありますよね。」
「ところで、ここ。農園なんだよね?でもなんで花なの?」
「ここは梅の実を収穫する農園なんですよ。だからたくさんの梅の木があるんです。」
「梅って、梅干しの梅?あれなの?」
「その梅です。」
「こんな可愛い花があれになるのか……。」
「敦賀さん……なんですか。その微妙な顔は。」
「梅干し苦手なんだよね。」
「そうなんですか?」
「うん。でも、この花は好きだよ。」
「じゃ、この際ですから、梅の実も好きになってみてください。」
「梅干しだけが梅の実の食べ方ではないですよ。」
「梅干しだけじゃないの?」
「もちろんです。あっちに農場直営のお店がありますから行ってみましょう。」
「うん。社さんにもお土産買わなくちゃいけないしね。行ってみようか。」


梅2


「つるがさん。試食があります!!」
「食べるの?ここで?」
「はい。」
「あれ?これ梅干しの色してないね。なんだろう。」
「梅干しじゃないですよ。」
「え?はちみつ?はちみつ漬けって書いてあるよ。すっぱくてしょっぱくて甘いの?」
「はい。敦賀さん。あーーーん。」
「えっ?」
「はい。あーーーん。」
「……反則だよ、それ。」
「何か言いました?」
「なんでもないよ。じゃいただきます。」

ぱくっ

「……あれ?あんまりすっぱくないし、しょっぱくないし、甘すぎない。」
「どうですか?」
「うん。おいしいね。これ。これなら好きだよ。」
「じゃ、これ買っていきましょう。このまま食べてもいいけど、お菓子にも使えそうですし。」
「最上さん、こっちは?梅のジュースだって。うわぁ!!何か入ってる!!」
「梅の実ですよ。そのまま入ってるんですね。これは飲む時にお水で割って飲むみたいですよ。」

「試飲です。よかったらどうぞ。」

「ありがとうございます。」
「ありがとう。これも甘いのかな?」
「割ってあるからそんなに甘くないと思いますよ。」
「そうだね。」



「敦賀さん。何見てるんですか?」
「うん。これは梅干しだよね?」
「そうですね。」
「食べてみようかな。」
「お嫌いじゃなかったんですか?」
「もしかしたら、平気かも。さっきのおいしかったし、ここのなら食べられるかも。」
「じゃ、はい。あーーん。」
「だから反則だってば。」
「何がですか?」
「いや、こっちの話し。じゃ食べちゃうね。」


「…うっ……っすっっぱい!!やっぱり酸っぱいよ。これ。」
「ですよね。敦賀さんにはこっちの方がいいみたいですね。」
「えっ?こっちは梅干しなのにはちみつ入ってるの?」
「こういうのどこのスーパーでも売ってますよ。おにぎりにも使ってますし。」
「でも、はちみつだよ?!俺、子供じゃないよ。」
「まぁ、食べてみてください。はい。あーーーん。」
「もう、君は確信犯なんじゃないのか?」



「結局買うんですか。」
「うん。はちみつの入った梅干しは好きだよ。こっちの普通のは社さんにお土産。さっき試食した梅のはちみつ漬けも買って行くよ。ジュースも。後は梅酒もね。」
「車ですから試飲できませんでしたけど、きっとおいしいですよ。」
「うん。楽しみだな。」
「敦賀さんが梅酒ですか。」
「ベースは日本酒だし。この農園の梅を使って老舗の酒蔵が作ったんだし、おいしいはずだから。けっこう有名な酒蔵だよ。」
「そうなんですか?」
「うん。」
「敦賀さん日本酒のイメージじゃないですね。」
「好きなんだけどな。日本酒も。君は梅酢?お酢買うの?すんごくすっぱいんじゃない?しかもそんなにたくさん。」
「フルーツビネガーってけっこうあるじゃないですか。飲むお酢。あれですよ。健康にもいいんですから。モー子さん達にお土産です。」
「琴南さん”達”?」
「はい。近々みんなで集まるんです。モー子さんちにお泊りです。」
「丸山留美ちゃんも来るんですよ。」
「BOX“R”の時の主役の子だっけ?」
「はい。」
「そっか。」



「日が暮れてきましたね。」
「来たの、午後からだったしね。もう少し早く来ればよかったね。」
「最後にもう一度、梅の花見てもいいですか?」
「もちろん、いいよ。」



「やっぱり、いいね。」
「はい。」
「来年も来ようか。」
「連れてきてくれますか?」
「うん。君といっしょにまたここを歩きたいな。」
「屈みながら歩いて腰傷めないで下さいね。」
「そんなに柔じゃないよ。鍛えてるし。」
「その過信が命とりですよ。」
「足腰は強いんだよ。今夜証明してみせようか?未来の奥さん。」
「破廉恥です!!」




-了-




ランキングサイト様に登録しています。
お気に召して頂けましたら、お願いします。
スキビ☆ランキング様
↓↓↓↓
スキビ☆ランキング様
入り口

お世話になります。



仕事で、外歩きしてます。
そんで、今日梅祭り会場のそばを走りました。
すんごい香りがいいのです。
いつもなら桜より先に咲く梅ですが、今年は桜より遅く開花してます。
まだ満開ではないっぽいです。

もう5月なのに。

そんなわけで書きたくなってかきました。

セリフだけ。

お話しともいえないけど。

中途半端ですいません。



それではまた。



月華
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

げっか(月華)

Author:げっか(月華)
蓮キョ大好きです。
駄文しか書けませんが、よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
284位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

バナーリンク完了
画像つきリンクはバナーをお持ちのサイト様のみとさせていただきました。
私の実力的に無理なんで、すいません。

スキビ☆ランキング様
↓↓↓↓
スキビ☆ランキング様

妄想☆爆走ビート~スキップなんかじゃいられない 妄想☆爆走ビート マサシ様


ド素人のスキビブログ18禁様
ド素人のスキビブログ18禁 氷樹様


艶やかな微笑様
艶やかな微笑 peach tea no1様


桃色無印様
桃色無印 きゅ。様


pink@ピグ様 pink@ピグ きゅ。様


*ソラハナ*様
*ソラハナ* MOKOM様


SKB様

SKB Agren様


THE SACRED LOTUS 天音蓮華様

THE SACRED LOTUS 天音蓮華様


Kierkegaard様
Kierkegaard perorin様


蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様
蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様


サイト名:月と蝶
URL:http://tukitocho.blog.fc2.com/

よかったらアメブロへもどうぞ。
http://ameblo.jp/pochiouji/
月と蝶
携帯でもどぞ。
QR
月にとまった蝶々様カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる