スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花(1)

こちらは下記の研究所での自由研究となります。
蓮キョ☆メロキュン推進!
「ラブコラボ研究所」"

この素敵なバナーの向こうには蓮キョワールドがひろがっています。
一応URLもご案内。
URLはコチラ⇒http://s.ameblo.jp/wind615-song/entry-11224699366.html
上記は所長風月様ブログ風月のスキビだより様です。

この他、速報も下記のサイト様より随時速報として情報が更新されています。
副所長ピコ様のBubble Shower様 ★速報!!蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」総合ガイド
sei様の「リク魔人」の妄想宝物庫様  速報付★蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」の研究報告ガイド

上記へアクセスしてみて下さい。
素敵な作品の紹介がされますよ。
もちろん研究所関連以外でも皆様、素敵なスキビ記事を書かれています。
ぜひぜひ、いってみてくださいね。


それでは月華の駄文もよろしければお付き合いくださいませ。
どぞ。

注)桜は再録です。(メロキュンの『桜』企画の時のお礼おまけ駄文でした。)
ひまわりは初公開です。


~桜~ 君という桜




蒼い空の下に淡く色付いた満開の桜の花。

「敦賀さん。ずるいです。」

下に視線を向けると拗ねた顔の彼女がいた。

「そんなに近くで桜が見れるなんてずるいです。」

「見たいの?桜。」

彼女を見下ろしながら言う。

「もっと近くで見たい?」
「見たいです。」
「そう。じゃそのまま目を閉じて。」
「うふふ。いいですよ。」

目を閉じた君。

「いいって言うまで開けちゃダメだよ。」

俺は身を屈ませて、桜よりも濃い色の花びらに惹かれて唇を落とす。

チュッ。

「っ!!」

驚いて目を開ける彼女。

「開けちゃダメって言ったのに。」

素早く彼女の膝裏に手を回して、そのまま抱き上げた。

俺と同じ視界が彼女の前に広がる。

「きれい…。」

彼女の瞳に写る桜。

俺を誘うのは、君が持つ桜の花。

「うん。きれいだね。」

だから、このまま君を離したくない。

ずっと、ずっと、一緒にいよう。

桜みたいに散っていかないで。

このままずっと、俺の腕の中で咲き続けていて。



微笑む彼女にまたキスをする。



君は決して散ることの無い美しい桜。









『~桜~ 了』



◇◆◇◆◇



~ひまわり~ あなたを見つめる



「京子ちゃんは自分を花に例えるならどれだと思います?」

ツキンと胸が痛む。

有名な華道家のプロデュースで開催されるフラワーフェスティバル。
そのメインキャラクターを勤める事になった私。
たくさんの花々に囲まれて取材を受けていた。
そんな中での質問。

”自分を花に例えるなら…”

私は……。

「ひまわりでしょうか?」
「ひまわり、元気でかわいい花ですよね。」

インタビュアーはきっとひまわりの花言葉を知らない。

ひまわりの花言葉は”あなたを見つめる”。
ギリシャ神話の太陽の神アポロンに恋をしたニンフ。
毎日空に上る太陽を見つめ続け、叶わぬ恋に『せめて見つめ続けられるように』と花に身を変えた悲しい恋の物語。

私と同じ。

私はひまわりと同じ。

太陽のように輝くあなたを見つめる事しか出来ない。
どんなにあなたに恋い焦がれて、あなたを思っても、この思いは届く事はない。





見上げる視線の先。
頭上の巨大パネルにたくさんの花に囲まれて太陽のように光輝く君を見た。

君が愛おし気に抱えたひまわり。
そのひまわりのように抱きしめて貰えたらいいのに。

君は知ってる?
ひまわりには悲しい神話があるんだよ。
太陽に焦がれた妖精が、見つめ続けて、そのままひまわりの花になったんだ。

君は俺を妖精だって言った。

君とは違う世界で生きる存在だと君は思ってる。
君の側にいるのに君は気づかない。
君に恋い焦がれて、見つめる俺がいる事になんて君は……。

「敦賀さんはどんな花が好きですか?」

雑誌のインタビューでそう聞かれた。

「ひまわり……ですかね。」
「ひまわりですか。最近、京子さんに”自分を花に例えるならどの花ですか?”と聞いたんですが、”ひまわり”と答えられてましたよ。同じ事務所でしたよね。偶然ですね。」
「じゃあ、今度、ひまわりでもプレゼントしてみますよ。彼女にはよく差し入れを貰っってますし。」
「仲がいいんですね。」
「かわいい後輩ですから。」
「ひまわりの花言葉をご存知ですか?」
「花言葉?……知らないですね。どんな花言葉なんですか?」
「”憧れ””熱愛”敬慕”…後は”あなたを見つめる”という意味があるようですね。」

”あなたを見つめる”

多分、神話から来ているのだろう。
ならば……。



「最上さん。お疲れ様。」
「あっ!敦賀さん!!」
「はい、どうぞ。」
「わぁ!かわいい!!ひまわりですね。ありがとうございます。」

フラワーフェスティバルのメインキャラクターとして起用された彼女が来場する日に合わせて、スケジュールを調整して彼女に会いに行った。
かわいらしくアレンジしたひまわりの花束を持って。
せめて俺の思いだけでも、その腕に抱いていて。
そんな思いを込めて彼女に花束を差し出した。
それを嬉しそうに受け取ってくれた彼女。
俺の前に現れた彼女は前に見た天使のような衣装を纏っていた。
ウィッグや衣装にも花を飾り……ギリシャ神話から抜け出してきたかのような彼女。
この後も紹介する花に合わせて衣装を変えるのだという。

「なんかファッションショーみたいだね。」
「はい。ステージも素敵なんです。」
「今日は時間があるんだ。最後まで見させて貰うよ。」

それから、リハーサルをスタッフしかいない観客席で見学した。
ショーの経験もあるからか、意見も求められる事もあった。

花畑をイメージしたステージに花の女神として現れた彼女。
薔薇園を演出したステージで、様々な薔薇を抱えて貴族の令嬢のような彼女。
真っ白なドレスで大輪の百合を愛でる彼女。
ダリアで衣装のスカート部分を埋め尽くした華やかな姿の彼女。

その声も花のように柔らかく見ている者を引き付ける。

最後のステージで俺は息を飲んだ。






華道家の先生が予定の変更を告げた。

「先生、でもそれは……。」
「いいのよ。これも私の作品だから。」

そう言って差し出されたのは敦賀さんがくれたアレンジメントの花束。
私はその花束を手にステージに上がった。

衣装は二度と着る事はないだろうと思っていたウェディングドレス。
この姿で様々にアレンジされたウェディングブーケを紹介する事になっていた。

観客席には驚いた顔の敦賀さんがいて……。

驚いた顔をした後に柔らかく笑ってくれた敦賀さん。

”キレイだよ”

唇がそう言ってる。



「皆さんはひまわりの花言葉を知っていますか?」

花言葉は。

あなたを見つめる。



『~ひまわり~ 了』






ども月華です。
メロキュン研究所の企画『桜』企画の時のお礼としてショートストーリーをこっそりアップしてました。
それを再アップするにあたり、夏の花で書いてみました。

今後は花シリーズでまとめてみようかとも画策中。
一つ一つは単体で、なんのつながりもありません。
花からイメージしたお話しなので時系列も、展開もバラバラです。

それでもよろしければ、またお付き合い下さい。

エレベーターの続きは明日にはアップ予定。

そちらもよろしくお願い致します。


月華




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

げっか(月華)

Author:げっか(月華)
蓮キョ大好きです。
駄文しか書けませんが、よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
366位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
188位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

バナーリンク完了
画像つきリンクはバナーをお持ちのサイト様のみとさせていただきました。
私の実力的に無理なんで、すいません。

スキビ☆ランキング様
↓↓↓↓
スキビ☆ランキング様

妄想☆爆走ビート~スキップなんかじゃいられない 妄想☆爆走ビート マサシ様


ド素人のスキビブログ18禁様
ド素人のスキビブログ18禁 氷樹様


艶やかな微笑様
艶やかな微笑 peach tea no1様


桃色無印様
桃色無印 きゅ。様


pink@ピグ様 pink@ピグ きゅ。様


*ソラハナ*様
*ソラハナ* MOKOM様


SKB様

SKB Agren様


THE SACRED LOTUS 天音蓮華様

THE SACRED LOTUS 天音蓮華様


Kierkegaard様
Kierkegaard perorin様


蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様
蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様


サイト名:月と蝶
URL:http://tukitocho.blog.fc2.com/

よかったらアメブロへもどうぞ。
http://ameblo.jp/pochiouji/
月と蝶
携帯でもどぞ。
QR
月にとまった蝶々様カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。