スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『君と二人で過ごす夜に…』荒川アン○ーザブリッ○でいってみよー!その後 X'mas編

事務所から大急ぎで彼女を連れて帰宅した。
クスクス笑う彼女が気になったけれど、俺が元気だという証明はできたようで、彼女に帰ろうとする気配はない。
俺は事務所を出た時のままの女装…シスターの衣装のままで、彼女も可愛らしいミニ丈のワンピースのまま。
荷物だけ持って急いで帰宅した結果だ。
彼女は……いいとして、流石に俺は着替えないと。
何しろ衣装なのだから。
「敦賀さんは着替えを。汚したりしたら大変ですから。私はお料理を仕上げちゃいますから。」
「うん。ありがとう。着替えが済んだら手伝うよ。」
”座っていて下さい”と手伝いを断られるかと思ったが、予想に反して彼女は「はい。」とニッコリ笑って返してきた。
俺が好きな最高の笑顔で。
少し前までは、その可愛らしさがどうしようもなくて、手を伸ばすことも出来なくて、自分を抑えるのに必死だったけれど、彼女を好きだと自覚して、彼女と結ばれたいと思うようになった今はもっと見つめていたいと思ってしまう。
「急いで着替えてくるね。」
君の側で君と同じ時間を過ごしたいから。



早々に着替えを済ませて、彼女と共にキッチンに立ち、彼女が調理しておいた料理を盛り付けたり、テーブルに運んだりと忙しなく動く。
料理とまではいかないけれどこうして、二人で特別な日に特別な食事の準備するのは楽しい。
「敦賀さん。本当に大丈夫ですですか?無理はしないで下さいね?」
最後の料理を華やかに飾られたテーブルに置きながら心配気に尋ねて来る彼女。
あの時は頭が真っ白になっていたから正直明確には覚えていないけど、派手に倒れたらしく、気まで失った後なのだから、心配でないはずがない。
だけど、当の本人たる俺はと言えば、この通り元気で、二人分のグラスを用意していたりする。
原因は分かっている。
彼女が心配しているような事が原因ではないのだ。
「俺は大丈夫だよ。」
「それならいいですけど。」
「それより最上さん。今日はこれ飲んでみない?」
彼女の好きそうなパッケージ。
箱を開けて、中から取り出したボトルに彼女の目が輝いた。
「かわいい……。箱もピンク色で、瓶にはお花が……。」
ペリエ・ジュエ・シャンパーニュ・ベルエポック・ロゼ。
「でも、これシャンパンですよね?私まだ、未成年ですよ。」
「うん。君が来てくれるって思ったら、嬉しくてね。いろいろ準備している間にこれを見つけて…勢い余って買ってしまったんだ。」
「ツリーにキャンドル……お料理の準備しにお邪魔した時、びっくりしましたよ。食器も増えてるし、テーブルだって前はこんなの無かったし。」
「これからの事を考えながら買い物したからね。」
「これからの事?」
「まぁ、いいから、君も座って。料理、これで全部だよね。」
「はい。今日は気合い入れましたよ。敦賀さんが好きなだけ買っていいなんて言うから、今回は遠慮なくお買い物しちゃいました。ただ、流石に二人で七面鳥一羽はやり過ぎましたけど。」
「綺麗に切り分けて、社さん達に明日おすそ分けしよう。無駄にはならないよ。俺のお弁当にしてくれてもいいし。」
「そうですね。そうしますね。」
笑い合ながら二人向き合う形で席に着く。
こんな温かい気持ちでクリスマスイヴの過ごすのは何年ぶりだろう。
「じゃ、頂こうか。」
「はい。……それで、あの……シャンパン、ちょっとだけ頂いてもいいですか?」
「どうぞ。」
勢いで買ってしまったものだけど、無駄にならずに済みそうだ。
ポンと音を立てて開いた、シャンパンボトル。
静かに注がれた液体が気泡を立てながらキラキラと輝いている。
「キレイ。」
「うん。君みたいだね。」
「えっ?」
「君みたいだなって思ったから買ったんだ。」
「最上さん。グラス持って、メリークリスマス。」
高く清んだ音を立てて、重なり合うグラス。
華やぐテーブル。
会話も弾み、気がつけば彼女のシャンパングラスは空になっていた。
「大丈夫?無理してない。水持って来ようか?ジュースもあるけど。」
ほんのりと赤みをおびた彼女の頬。
「意外に大丈夫みたいです。でも、だるまやには帰れそうにないですね。」
「帰るつもりだったの?」
「最初はそのつもりでした。深夜でもタクシーがありますしね。」
「………。」
「そんな顔しないで下さい。今日は泊めて下さい。もっと敦賀さんとお話しがしたいんです。」
「本当に?」
「本当です。」
「良かった。」
彼女からの言葉に心からホッとした。
俺と彼女の特別な夜はこれからなのだ。
帰るなんて言わないでほしい。
特別なこの夜を二人の心に残る最高の夜にしたい。



Merry X'mas。



そして………。



今は、まだ言えないこの熱い想いを君に捧げる。









荒川アン○ーザブリッ○でいってみよー!の続きでーす。

あれじゃ敦賀氏がかわいそうなので、こんな展開を用意しました。

続きは明日アップ予定。

あくまでも予定。

なんせ力がないので。



もしよろしければ、お付き合い下さいませ。

ではまた。



月華



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

げっか(月華)

Author:げっか(月華)
蓮キョ大好きです。
駄文しか書けませんが、よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
423位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
201位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

バナーリンク完了
画像つきリンクはバナーをお持ちのサイト様のみとさせていただきました。
私の実力的に無理なんで、すいません。

スキビ☆ランキング様
↓↓↓↓
スキビ☆ランキング様

妄想☆爆走ビート~スキップなんかじゃいられない 妄想☆爆走ビート マサシ様


ド素人のスキビブログ18禁様
ド素人のスキビブログ18禁 氷樹様


艶やかな微笑様
艶やかな微笑 peach tea no1様


桃色無印様
桃色無印 きゅ。様


pink@ピグ様 pink@ピグ きゅ。様


*ソラハナ*様
*ソラハナ* MOKOM様


SKB様

SKB Agren様


THE SACRED LOTUS 天音蓮華様

THE SACRED LOTUS 天音蓮華様


Kierkegaard様
Kierkegaard perorin様


蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様
蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様


サイト名:月と蝶
URL:http://tukitocho.blog.fc2.com/

よかったらアメブロへもどうぞ。
http://ameblo.jp/pochiouji/
月と蝶
携帯でもどぞ。
QR
月にとまった蝶々様カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。