CROSSING LOVE 7

敦賀さんが美容師さんの次の土曜日に予約が取れたと言ってきた。
敦賀さんは最近、凄く機嫌がいい。
今日だって凶器みたいなキラキラの破片を飛ばしながら、微笑んでいる。
「その日は一日かかるからね。」
「一日?」
「そう。朝早いよ。寝坊しないでね。」
「貴方が無茶しなければ、何時だって起きれます。……髪を切ったり、メイクするだけじゃないんですか?」
「すごく綺麗にして貰うんだよ。」
「すごく綺麗にですか?」
「だから楽しみにしていて。トップクラスの芸能人御用達の腕っこきの美容師だよ。」
夢みたい。
ろくに化粧なんかした事がなかったし、メイクまでしてくれると聞き、私の心は浮かれていた。
もっと話しを聞きたかったのに、敦賀さんは、それ以上は何も答えてはくれない。
”当日まで内緒”とか言うし、連日エステに通わされるし、……もう何がなんだか……。



あっという間に日は過ぎて……当日。
日が昇る前にマンションを出て、車で都心を離れる。
辿り着いた先は………。
「敦賀さん、ここって……。」
「秋にオープンする結婚式場だよ。今はまだ準備中で……あちこち工事入ってるけどね。」
「……でどうして、ここに?……あ……お手伝いですね。」
「カタログ用の写真撮影のモデルになるんだよ。」
「敦賀さんがですか?」
「君もね。」
「へっ!?」
「ここのオーナーも美容師の人も父と母の知り合いなんだ。俺の事も知っててね。それでモデルを頼まれたんだよ。俺、素人だし、断ってたんだけど………キョーコと一緒ならいいかと思って引き受けた。」
「ええっ!?無理ですよ!敦賀さんはともかく、私は地味で…」
「はい。ストップ!君がそんな事ばっかり言うからだよ。少しは自信持って貰おうと……。」
「無茶です。これお仕事なんですよ。中途半端な気持ちじゃスタッフの方々に申し訳……」
「本気でやればいいだろ。本当に俺と式を挙げてるつもりでやればいい。」
「敦賀さん……。」
「なんなら……これが終わったら役所に行って手続きしようか?」
「何を言って……。」
「俺、本気だけど?」
「〜〜っ!わっわかりましたっ!!もうっ!!貴方に嫁ぐつもりでやりますっ!!」
「いや、ホントに嫁いでほしいんだけど……。」
社さんにはよく、ヘタ蓮と言われていた敦賀さんだけど……最近では変なところで強引なところがある。
こんな人だったなんて……と思う時もあるけど、付き合って初めて知る事がたくさんで、新しい一面を知る度に嬉しくなる。
私しか知らない敦賀さんが増えていく。
そしてまた、彼を好きになる。



建物に入り、通りかかったスタッフに声をかけると中に案内してくれた。
「モデルさんが到着しましたぁ。」
「千織ちゃん、ありがとう。すぐ始めるから準備してて。蓮ちゃーん。待ってたわぁ〜〜っ!!」
小柄な女性がかけてくる。
「よかったわぁ。引き受けてくれて。どうしても蓮ちゃん使いたくて。…で…彼女が蓮ちゃんの?」
「はい。大切な彼女ですよ。」
「はじめまして。最上キョーコと申します。今日はよろしくお願いします。」
「あらぁ、美少女じゃないのっ!!期待以上だわっ!!」
「……ミス・ジェリー……彼女、俺と同い年ですよ。」
敦賀さん………その紹介の仕方は酷いです………。
童顔の私……いつも未成年と間違われ、補導されそうになった事もある悲しい事実。
「はじめましてキョーコさん。私が、貴方々のメイクを担当する美容師よ。私の事はテンって呼んでね。」
小柄なテンさん……だけど、すごくパワーがあった。
私達の他にもモデルさんが2組いて、準備が着々と進んでいく。
テンさんの手が動く度に美しさが増していく。
まさに魔法使いか神のようなその。
完成した花嫁さんはすごく綺麗だった。
そして次は私の番。
「いろんなパターンで撮るから忙しいわよ。」
大きな鏡の前。
「綺麗な髪ねぇ。枝毛一つないわ〜。ホントに髪切っちゃっていいの?」
「はい。」
「そう……じゃあなたに似合ったヘアスタイルにして上げるわ。髪の色も時間が出来たら、少し明るくしましょ。」
そこから始まったのは夢みたいなキラキラと輝いた世界。
メイクされた私はまるで別人みたいで……。
新郎姿の敦賀さんの前に立つ。
少しは……貴方に見合った女性になれてるかな……凄く不安。
「敦賀さん。どうですか?」
「…………。」
「敦賀さん?」
「困るよ……。」
「えっ?」
やっぱりダメだったかしら……。
「凄く困る。……君にこれ以上、綺麗になられると困るんだ。これ以上、俺を虜にしてどうする気。今すぐマンションに連れ帰りたいよ。いや、二人きりになれるとこならどこでもいいかな。」
なんて、何を言い出すの〜。
最近……大人の事情も身にしみる程に理解してしまった私。
二人きりになったらどうなるか……。
「蓮ちゃん。気持ちはわかるけど、最後まで我慢してね。」
テンさんにまでばれていた。



早朝と言えど夏。
日が高くなる度に暑さが増す。
ものすごく暑かったけど……ステキなドレスをたくさん着れて、憧れだったお姫様メイクもしてもらって、隣には素敵な王子様がいて……すごく幸せだった。

緑に囲まれたチャペルで敦賀さんと、指輪の交換。
白い階段の上でチャペルをバックにキスを交わす。
ガーデンウェディングもステキなだった。
花を敷き詰めたバージンロード、バックは天使が祝福の笛を鳴らす真っ白な噴水。
透き通った清らかな水が、太陽の光を取り込みながら綺麗な弧を画いて落ちていく。
その前で敦賀さんと向き合ってポーズをとったり、敦賀さんにお姫様抱っこして貰ったり。
そして、今日、何度目かのカメラマンさんのリクエスト…敦賀さんとのキスも。
今日、何回キスしたかな。
恥ずかしい。

カメラマンさんがいうには、恥じらう姿が初々しくていいんだとか。



青空の下にセットされたテーブルに豪華な料理や花やキャンドルが美しさを計算しつくされた配置に並べられ、幾人かの招待客に扮したエキストラが配置に着く中でのキャンドルサービス。
場所を再びチャペルの前に移動して招待客にまいた薔薇の花びらが舞う中で……また……キスをした。
敦賀さんは、恥ずかしくないのかしら?



午後は日差しがかなりきつくなり、屋内での撮影になる。
主にドレスの撮影。
三組のカップルが入れ代わり立ち代わり撮影をしても、それでも忙しかった。

ドレスを変える度にテンさんが魔法のように腕をふるい……メイクも髪型変えていく。
私は姿を変える度に、大好きな彼の花嫁に生まれ変わる。



「キョーコ……疲れたかい?」
「でも……楽しいですよ。

「俺も……。」

出番を待つ間、窓辺で二人微笑み合う。
気づけば、また……唇は重なっていた。



あの日からしばらくたって。
敦賀さんのマンションに小包が届いた。
差出人はテンさん。
出来上がったカタログの他に、私達が写っている写真が送られてきたのだ。
わくわくしながら包みを空けると、出来上がったカタログと現像されたたくさんの写真。
それとCD-ROM。
びっくりしたのは……プロのモデルさん達ではなく、私達が表紙を飾っていた事。
チャペルで撮った写真だ。
開いてさらに驚く。
光の差し込む窓辺でキスを交わす敦賀さんと私が見開きアップで写っている。
「いや〜〜っ!!………見られてたんですかっ!!いやぁあああっ!?」
「散々キスしたし、今更だと思うよ。」
「心構えが違いますぅうっ。」
「俺は嬉しいけどね。こんな写真……貴重だよ。一般人がプロのカメラマンにこんな綺麗に撮ってもらう機会なんてそうそうないんだし。」
「そうですけど……。」
敦賀さんは上機嫌だ。
CD-ROMにはまるでCMのように編集されたフラッシュが入っていた。
フレーム加工されたり、メッセージが入っていたり、いくつもの画像が現れては消えていく。
最後はやっぱり……窓辺でキスしたあのシーン。
……ナレーションが入ったらCMに使えそうなものだった。
自分達じゃないみたい。
「いい、思い出になったね。」
「はい。」
すごく幸せを感じる。
幸せな時間をまさかこんな風に残しておけるなんて。
一生忘れられない思い出になる。



だけど、それだけでは終わらなかった。



電車に乗っていた時の事。
ジロジロと見られていた私達。
敦賀さんがハンサムだから目立つのは確かにしても、目の動きが変だ。
私まで見られてるし。
上を見て下を見て……また上を見て下を見る。
何かを見比べているような。
『………上?』
上を見上げて固まった。
「つ……敦賀さん………。」
「何?キョーコ?」
敦賀さんが私の視線の先を見やる。
長身の敦賀さんが僅かに斜め上を見て…………固まった。
「……………キョーコ。降りようか。」
「そうですね。」
タイミングよく駅に着いた電車のドアが開き、電車から降りた。
「歩けない距離じゃないし、歩いて帰ろう。」
「はい。」
差し出された手を取る。
その途端にざわつく周囲。
そして、そこでも視線がおかしい事に気づく。
「ん?なんだろ……!?」
「………!?」
辺りを見回して二人同時に固まった。
二人とも見ている方向は違うけれど、見ているものは同じもの。
「電車の吊り広告や駅構内のポスターになるなんて聞いてた?」
「敦賀さんが知らないのに私が知ってる訳ありませんよ。」
壁面の巨大なパネル、円柱状の柱に巻き付くように貼られた大きなポスター。
そこに写っていたのは紛れもなく自分達で。
「……逃げよう。キョーコ。」
「はい。」
私と敦賀さんは手を繋いだまま、急ぎ足でその場を立ち去った。



式場はオープン前からかなり話題になり、既に予約で一杯らしい。



私と敦賀さんにはまたテンさんから依頼があり、秋には冬に向けたブライダル企画にも起用される事になった。
仏滅の日を利用してのカップル限定イベント。
館内案内に料理の試食会、新作衣装のミニファッションショー、式のデモもある。
私達はファッションショーとデモ式に午前と午後一回ずつ出る事になっている。
私と敦賀さんは打ち合わせや衣装のサイズ合わせで大忙し。
ショーにも参加するため、モデル指導も入り、身体中あちこち痛い。
モデルさんって大変なのね。
でも敦賀さんが一緒だから……楽しかった。
イベントの後、また一騒動が起きるのだけど、それはまた別のお話し。



出会った頃はまだ、隣には別々の人がいて。

いつしか思いは重なり合って、今、お互いの手を取り合っている。

私と貴方の奇跡の出会い。



CROSSING LOVE………。








お粗末でした。
CROSSING LOVEはKATSUMIのかなり古い曲です。
オススメです。
是非聞いてみてくださぁい。


次『恋心』書きたいです。

強く儚い者達……妄想もしたいな。

でも、堕天もあるし。

綺麗にかたしてからにしよ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

げっか(月華)

Author:げっか(月華)
蓮キョ大好きです。
駄文しか書けませんが、よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
656位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
303位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

バナーリンク完了
画像つきリンクはバナーをお持ちのサイト様のみとさせていただきました。
私の実力的に無理なんで、すいません。

スキビ☆ランキング様
↓↓↓↓
スキビ☆ランキング様

妄想☆爆走ビート~スキップなんかじゃいられない 妄想☆爆走ビート マサシ様


ド素人のスキビブログ18禁様
ド素人のスキビブログ18禁 氷樹様


艶やかな微笑様
艶やかな微笑 peach tea no1様


桃色無印様
桃色無印 きゅ。様


pink@ピグ様 pink@ピグ きゅ。様


*ソラハナ*様
*ソラハナ* MOKOM様


SKB様

SKB Agren様


THE SACRED LOTUS 天音蓮華様

THE SACRED LOTUS 天音蓮華様


Kierkegaard様
Kierkegaard perorin様


蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様
蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様


サイト名:月と蝶
URL:http://tukitocho.blog.fc2.com/

よかったらアメブロへもどうぞ。
http://ameblo.jp/pochiouji/
月と蝶
携帯でもどぞ。
QR
月にとまった蝶々様カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる