スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素直な気持ちで……。

二日遅れのハピバ企画。
蓮様おめでとう!!
本誌でも手に入れられる日は近いかもしれない。
ちょびっと本誌ネタ入ってますが……………多分読むでわかんないと思う。
それでもOKな方はどぞ。


『素直な気持ちで……。』



朝……目覚めると、隣にいたはずの温もりがなかった。
飛び起きて周りを見るけれど、愛しい人の姿はない。
昨夜、手にしたものは……幻?
そんなはずはない。
昨夜、彼女と一緒に過ごしたんだ。



日付が変わって、俺の誕生日が来て……彼女が言った。
「お誕生日、おめでとうございます。」
去年も、その前の年も、その前の年も……変わらない。
だけど、年をおう毎に何かが、重なっているような気がする。
ここ数年、一番に彼女が俺の誕生日を祝ってくれた。
メールが電話になって…去年からは一緒に過ごしてくれるようになった。
俺が一番欲しいものは、まだ手にできていないけど、こうして君と同じ時間を過ごせるのは、うれしい。
俺にとっては君と過ごせる特別な日。
それだけで幸せだった。



「敦賀さん……。」
「何?」
「まだ私を好きでいてくれてますか?」
好きに決まってるよ。
好きで好きで気が狂いそうなくらい好きだ。
「プレゼント……思いつかなかったんです。」
「もう貰ってるよ。君に一番に祝ってもらえた。……君と過ごせるこの時間が俺にとっては最高のプレゼントだよ。」
今の俺にはそれだけで……。
「去年も同じ事をおっしゃってましたよ。」
「そうだね。」
でも本当だから。
「ずっと考えてました。あなたが一番ほしいものは何かって……。」
「…………。」
一番欲しいのは君。
俺が欲しいと思うのは君だけだよ。
君しかいらない。
君だけが今の俺の支え。
君と過ごすこの時が、たとえ『恋人同士の甘い時間』ではないのだとしても、掛け替えのないもの。
君の存在は一秒毎に大きくなる。
君との距離は……近くて遠い。
手を伸ばせば触れられる程に近いのに……触れてはいけない。
触れたら……きっと君の意志に関係なく、掻き抱いてしまうから。
二度と手放したく、なくなるから。
君が好き過ぎて……壊れてしまってるんだ。

「君が好きだ。」

それは俺の心の叫び。
もう否定しないで。
どうか、壊さないで。
受け入れなくてもいいから………。
不安な気持ちで、彼女の言葉を待つ。
「私は気付かないふりをしていたんです。ずっと……もう何年も。」
「………。」
「あなたの思いにも、私自身の気持ちにも……。鍵をかけてしまっておいたんです。たくさん鍵をかけて閉じ込めていたのに、あなたが……全部開けちゃって。最後の鍵が開けられたのは……もう何年も前です。いくら鍵をかけ直しても、その度に開けてしまうんですもの。あなたにはかないません。」
「最上さん?。」
「私はあなたに恋をしています。DARK MOON撮影終了間際にはもう自覚してましたから……随分長く片想いしていた事になりますね。」

えっ!?どういう事??

「怒ってらっしゃいますか?……怒ってますよね。だって、もう何年も経つのに……あなたに嘘ついてきたんですもの。好きだって言って下さったあなたに、応えなかった。あなたは誠実で、好きだっていう気持ちも本物だってわかってたのに。………怖かったんです。とても。」
過去の傷はそれ程に深かったんだ。
それでも彼女は、それを乗り越えてくれた。
乗り越えて、俺に向き合ってくれた。
俺をまっすぐに見つめて。
「あなたが好きです。こんな私でよければ、お付き合いして頂けますか?」
奇跡だと思った。
一番……欲しかったもの。
一番大切に思っていた宝物のような君が……。
「君に触れてもいい?」
「はい。」
「君を抱きしめても?」
「……私なんかでいいんですか?」
「君がいい。君でなきゃダメなんだ。」
手を伸ばして頬に触れても、彼女は消えたりしなかった。
引き寄せて、この腕に抱いても、彼女は拒まなかった。
背中に回された彼女の腕。
………嘘じゃない。
やっと手に入れた。
やっと………。
「ずっとそばにいてほしい。」
「はい。」
この日………二人でたくさんの話しをした。
自分の事……両親の事、俺が背負う罪も……何もかも彼女に話した。
嫌われるかと思ったけど、そんな事はなくて。
「先生はやっぱり素敵なお父さんなんですね。お母さんも。」
「そうだよ。どんな事があっても、俺を愛してくれてたよ。役者としても目標だった。未熟だった俺が目指すには理想が高すぎてね。無理しすぎて自滅した。なまじこんな顔だから、誰も俺の中身までは見てくれなかったし。」
「外見はご両親と神様からのプレゼントですよ。希望して得られるものじゃないんですよ。…それとも実は自慢してます?」
クスクス笑う彼女。
辛かったはずの昔の話しをして、こんなにも穏やかな気持ちでいられるのは、やっぱり彼女の影響なんだと思う。
「う~~ん。君がこの顔が好きだって思ってくれてるなら、自慢してもいいかな?」
「じゃあ自慢してください。」
やっぱり、彼女はすごい。
これから先も君と生きていきたい。
ずっと……。
「私、家族ってよくわからないんです。ものこごろついた時には父と呼べる人はいませんでしたし、母は……どんな仕事しているかすらもわからないんです。」
「聞いた事…ないの?」
「一度だけ……聞きましたけど、答えてもくれませんでしたから、それからは一度も聞いた事はありません。」
「そうか……じゃあ、そのうち、俺が家族になってあげる。結婚して君が母親になる日がきたら、少しは君のお母さんの気持ちが分かるようになるかもしれないね。……大丈夫、俺もいるから。」
「はい。」
ベッドのヘッドボードに枕やクッションをたてかけて、そこに背を預けたままで、俺達はいつのまにか眠りに落ちていた。
手に入れたばかりの彼女の温かな手を握りしめたままで…………。



目が覚めると体勢は昨夜のままだったけど、毛布が肩までしっかりかけてあった。
隣には彼女の気配は無くて、俺はベッドから飛び起きた。
リビングにいくと、昨夜、そのままにしてあったテーブルの上の食器がすべて片付けられていた。
キッチンも既に片付けられていて、彼女の姿はなかった。
彼女はこの部屋のどこにもいなかった。
まさか、帰った?
時計を見れば7時にもなっていない。
今日、俺の仕事は夕方から、彼女はオフ。
何やら作意的なものを感じるけれど、動き出すにはまだ早い時間と言えた。
彼女はどこに?
「………。」
俺の身体は自然動き出し、マンションを飛び出していた。
彼女を求めて。
2月の寒空にコートも着用ぜずにいる様は異様とも言えた。
せめてもの救いはパジャマじゃなかった事……昨夜はそのままで寝てしまったから。
おまけに携帯電話の存在さえ忘れてた。
戻るのも煩わしくて、彼女が行きそうな場所まで全力で走る。
後少しで駅というところで、歩いてくる彼女を見付けた。
「えっ!?」
彼女も俺を見付けてくれた。
俺は彼女に走り寄り、抱き締めた。
温かい。
よかった……いてくれて。
「……ちょっと敦賀さん!ひっ人が見てます!!……って……コートも着ないで何やってるんですかぁ!」
「君がいないから。」
「買い物に行ってただけですよ。スーパーは開店前だし、コンビニまで。」
「帰ったのかと思った。」
「と………とにかく戻りましょうっ!」
朝7時。
通勤途中の中年男性が唖然とした様子でこちらを見ていた。
「と…とにかく放して下さい。」
「いなくならない?」
「なりません!お財布以外の荷物は貴方のマンションにあるのに……。」
荷物……そう言えば、リビングのソファに彼女のバックが置いてあったような気が………。
本当に彼女しか見てなかったようだ。
「もう。仕方ないですね。ほら、屈んで下さい。」
彼女は自分のマフラーを外して、俺にかけてくれた。
「君が風邪を…。」
「コートも着てないくせに何言ってるんですか!?それに少しは顔隠さないと。」
「ありがとう。」
「早く戻りましょう!」
彼女に手を引かれてマンションに戻る。
……君も芸能人なんだけどね。
さっきの男性……ショックを受けてたみたいだよ。
多分『京子』のファンだったんだと思う。
「そういえば、俺カードキーも忘れてきた……。」
「っ!!私が借りたモノがありますっ!!もうっ……そんな格好で外にでるし。」
「さすがに寒いね。」
「当たり前ですっ!早く中にはいって暖まらないと。」
「うん。すぐに暖かくなる方法があるよ。」
「?」
「君が俺を温めて。……ご飯はその後でいいから。」
「へっ!?」
マンションの前…固まる彼女の手からカードキーを抜き取ってセキュリティを解除して、今度は自分が彼女の手を引いて中に入る。
エレベーターに乗り込んでから彼女を抱き寄せた。
外気に晒されたコートは冷たかったけど、彼女という存在が俺の心を満たしてくれる。
「優しくするから……ね?」
「あ……朝から何を……。」
「何って……。」
「いっ言わなくていいですぅ~~~っ。」
「じゃあ、承諾という事で。」
「~~~~っ!?」
俺が一番欲しかったもの。
一番欲しくて、やっと手に入れたもの。



素直な気持ちで君を好きだと言えるようになってから三度目のバースデー。
最高のプレゼントを手に入れた日。







……………というわけでお粗末でございます。
本当はクリスマスに用意していたネタ。あははは。そしてイメージはデカイ犬!!
クリスマスのとある曲から思いついたんですが、絶対わかんないだろうなぁ。切ない曲を無理矢理ハッピーに持ち込んでみようかと思って。あはは。

肝っ玉の去勢は済んでいる。
こっそりランキング参加中。
……そんなもんでもしよければ、押して。押して。押して。


スキビ☆ランキング様
↓↓↓↓
月と蝶 ~月の夜にはそばにいて~
お世話になります。
そしてやるしかない!!!

押して、押して、押して。

過去素直に三回押したら、宴会に私が三人カウントされてた。
素直。


素敵なサイト様にも出合えますよ。
70サイト位参加されてるから。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■これは砂を吐く( *´艸`*)

きゃー!
リク通りの甘甘ssをありがとう☆
 
両思いなのに片思いばりに一方的に蓮→キョ
んーー、こうでなくっちゃ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

イメージはでかい犬w
わかるわ…
いつまでもどこまでもあとをついてくるものね
きゅーん(^ω^)

あ、昨日送ったメッセージ見た?
「○所」がキーワードになって迷惑箱に入ってなきゃと心配してますが

2 ■かめ・さんのおかげで書けたよ。

>かめ・さん


なんとかぁ。
ちょい長めになりましたけども。

甘甘砂吐き……難しい!
長い長い片想いの末……ってひどくね?とか思いながらも続行!!



さらに書けば書くほどに長くなる、ラストまでの道のり……ちょと苦しかった。笑。

とりあえず書き終えたのでよかったと一安心。


あれ?返信はしたんですが………私のがひっかかったかな?もしかすると。
プロフィール

げっか(月華)

Author:げっか(月華)
蓮キョ大好きです。
駄文しか書けませんが、よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
423位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
201位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

バナーリンク完了
画像つきリンクはバナーをお持ちのサイト様のみとさせていただきました。
私の実力的に無理なんで、すいません。

スキビ☆ランキング様
↓↓↓↓
スキビ☆ランキング様

妄想☆爆走ビート~スキップなんかじゃいられない 妄想☆爆走ビート マサシ様


ド素人のスキビブログ18禁様
ド素人のスキビブログ18禁 氷樹様


艶やかな微笑様
艶やかな微笑 peach tea no1様


桃色無印様
桃色無印 きゅ。様


pink@ピグ様 pink@ピグ きゅ。様


*ソラハナ*様
*ソラハナ* MOKOM様


SKB様

SKB Agren様


THE SACRED LOTUS 天音蓮華様

THE SACRED LOTUS 天音蓮華様


Kierkegaard様
Kierkegaard perorin様


蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様
蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様


サイト名:月と蝶
URL:http://tukitocho.blog.fc2.com/

よかったらアメブロへもどうぞ。
http://ameblo.jp/pochiouji/
月と蝶
携帯でもどぞ。
QR
月にとまった蝶々様カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。