スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋心 Lesson2

初めて出会ったのは桜の咲く季節。
君は俺の心に舞い降りた、ひとひらの花びら……。



赴任初日……早めに学校へと向かった。
だいぶ早かったが、桜を見ながらゆっくり歩くのもいいかと思ったのだ。
もう春とは言えど、朝は少し冷える。
そんな中に立つ桜は少し寂しげだった。
宝田学園まで延々と続く桜並木はこの辺でも有名名所のひとつらしい。
一際大きな桜が一本あるようで、その桜を目当てに訪れる人も多いと聞いた。
視線の先にその桜を見つける。
確かに見事な桜だったけれど……俺は別のものに目を奪われた。
長い黒髪の少女が一人、桜の木の下に佇んでいた。
その姿は儚げで、まるで桜の精のようだと思った。
長い髪が一房風に攫われて、宙に舞う。
目元が朝日に照らされて、キラリと光る。
少女は泣いていた。
その涙がキレイで……俺は彼女に心の全てを奪われた。
それは俺が始めて恋を知った瞬間。
生まれて初めて抱いた恋心。



少女は宝田学園の生徒だった。
最上キョーコ、3年。
学園きっての才女。
学園内での彼女の評価は見事なまでに二分していた。
成績優秀、品行方正な美少女として憧れ的な存在であるともに、嫉妬によるやっかみ半分で彼女を嫌う者もいた。
彼女をよく思わない人間の大半は女生徒で、彼女の幼馴染が原因であるらしい。
……次の日に彼女を目にした時には、あの美しかった長い黒髪は短くカットされ、明るい色に染められていた。
彼女が失恋したのを知ったのはその日。
幼なじみに手酷く振られたのだと……。
それでも、明るく前を向いて歩く姿に……俺はまた恋をした。



桜も散り、緑の葉が鮮やか木々を飾る季節がきた。
「先生。」
「何かな?」
昼休み…職員室にいた俺は、担当教科の数学以外では接点のない彼女に声をかけられて内心ドキリとする。
「お昼、食べないんですか?」
彼女が俺の側にいて話しかけてくれた。
そんな些細な事さえ嬉しいと思う。
もう、重症だ。
つい、ほけっとしてしまった俺に対し、向かいの席の社先生が、反応した。
「最上!いい事を聞いてくれたよ。」
……何をいう気だ。
「れ…敦賀先生は、毎日、昼ぬきだよ。」
「…………それが何ですか?別に…」
「先生!どういう事ですか!?」
「え?最上さん?」
「ちょっと、こっち来て下さい!!」
俺はぐいぐいと彼女に引っ張られ席を立つ。
「え?えっ?最が……。」
「しっかり食わせて貰えよ~。」
大学の先輩でもあった社先生のニヤついた笑み。
社先生……まさかバレてる??
手を振る社先生に見送られ職員室を後にした。
連れて行かれた先は屋上だった。
「遅かったわね。キョーコ………あら、おまけもついて。」
そこにいたのは彼女の友人の琴南さん。
「先生。座って下さい。」
「は?」
「先生!」
「……はい。」
何故か逆らえず、促されるままに敷かれたシートの上に座った。
しかし………これは。
ピクニックか!?と言わんばかりの状況だった。
広げられたシートの上には重箱がおかれ、とても従来の高校生が学校に持ち込む弁当には見えない。
サンドイッチも、俵型のかわいらしいおにぎりもある。
重箱につめられたおかずの彩りのいいことと言ったら……。
「しっかり食べて下さいね。」
「穂奈美と友加がいないから、助かったわね。さすがにふたりじゃキツイわ。」
「すごいね。まさか毎日……。」
「いいえ。たまにですよ。父が海外出張に出てしまって食材が勿体なくて。…どうぞ。先生。」
いくつかを取り分けてくれた。
「……先生……この子料理美味しいんですよ。今、食べないと後で後悔しますよ。………いろんな意味で。」
琴南さんの最後の方の台詞は料理を取り分けるのに夢中な最上さんには聞こえていない。
……まさか……ここでもバレてる?
ニヤリと笑う琴南さん。
「安心して下さい。私達……仲間内しか知りませんから。」
………でも………君達にはバレてるんだね。
最上さんと仲がいいのは、琴南奏江さん、薪野穂奈美さん、須藤友加さん……それと2年の丸山 留美さん。
校内では何かと噂の美人集団だ。
少なくともこの4人にはバレている………。
「何が?どうしたのモー子さん?何が知らないの?」
「先生が、ここであんたの手料理食べたなんて知れたら、恐ろしいわねって話しよ。バレたら……明日から敦賀先生に手作り弁当が山と届くわよ。得体の知れないものしか作れない今時の女子高生の……ね。」
「……う゛っ……。琴南さん。その話題……勘弁してくれないかな。」
「その様子だと経験がおありですか。さすがですね。」
そうだ……それからだよ。
食への欲求が薄れたのは……。
この世のものとは思えない独特の味付けに独特の調理法に、詰め込まれた全てのものが個性的な見栄えの弁当……今でも忘れないよ。



視線を感じて前を見ると心配そうな最上さんの顔。
「先生。」
「最上さん。頂くよ。」
「無理はしないで下さい。」
無理なんかしてない。
それどころか……。
「頂くよ。美味しいそうだ。」
本当に。
愛しい彼女の手料理を味わう機会に恵まれた俺。
味は……驚く程に旨かった。
「はい。先生。」
お茶を差し出す姿さえ、眩しく思えた。



「はぁい。先生ぇ。戻って来てくださぁい。キョーコちゃんが来ましたよ~。」
千織ちゃんの声にはっとして、現実に立ち戻る。
どうやらトリップしていたらしい。
窓際の席には、もう彼女が座っていた。
「手に持ったまま一時間はその状態でしたよ。」
い……一時間。
手にしたコーヒーはすっかり冷めていた。
「煎れ直します?」
「いや…おかわり頼むよ。」
「畏まりました。マスター!一番高いコーヒー頼みまぁす。」
「………。」
千織ちゃん……君、琴南さんとはきっと気が合うよ。



これが俺の休日。
いつか……君と向き合って、同じ時を過ごしたいよ。
いつか……。



日に日に大きくなる君への思い。



それは恋心。
甘くて苦い……まるでミルクティーのような……君への想い。





後でLesson1を書き直そう。
何となく書いたら矛盾してるところが多々。

まぁ……しかたない。



ランキングサイト様に登録しちゃいました。……なもんで、よければ、押して。押して。押して。
スキビ☆ランキング様
↓↓↓↓
スキビ☆ランキング様
入り口

お世話になります。
そしてやるしかない!!!
(」゜□゜)」
あっぽちっと頼むぜ
スイッチオン

………………………こんなときでもお笑い脳。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■ほぅ・・・

キョコたんのお弁当を食べる蓮さんの眩しい笑顔が目に浮かぶようだわ・・・。


と思ってるところで千織ちゃんのツッコミ・・・。

思わず「ぶふっ!!」と噴き出してしまった。
鼻水まで出ちゃったじゃない、もう・・・(w_-;ズビ

お弁当にはやっぱり玉子焼き、ですよね~。

2 ■お弁当へはやっぱり卵焼き!!

>Regulusさん


敦賀先生に恋もせずにづけづけ言えるのはやはりラブミー部員だけでしょう。でもなんか………キャラが違う気がします。あはは………。

3 ■おべんと、おべんと、嬉しいな~♪

ただでさえ心奪われている蓮ですが、
キョーコちゃんのお弁当(にしてはデカイが)で更に餌付け!!(かい?)

今度はキョーコちゃんをどうやっててなづけるか!?(って表現変です?)

モー子さんと千織ちゃんがけしかけてくれないですかねぇ。
勝手に妄想させております(^^;;;;

4 ■千織ちゃんとモー子さんは……

>山崎由布子さん


そのうち……おいおい……尚ちゃんしだいでおいおい……絡む予定。

いつ??かなぁ。

まあ………そのうちに。

5 ■さすがぽちさん♪

キュンの中にコメディが…w

「手に持ったまま一時間はその状態でしたよ。」
ぶふっw
ちょっとした筋トレに近い状態でぼーっとできる蓮様がスゴイw

ミルクティーって恋愛によく合うね。
蓮先生かわいいなぁ

6 ■蓮さんだから………

>かめさん


たまにはこんなゆるゆる蓮さんもいいかと思います。

筋トレ……顔がゆるんでるんで……腕くらい鍛えて貰わないと。

あはは………ふかく突っ込まないであげて下さい。笑。確かに筋トレだ。わははは………。
プロフィール

げっか(月華)

Author:げっか(月華)
蓮キョ大好きです。
駄文しか書けませんが、よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
580位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
261位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

バナーリンク完了
画像つきリンクはバナーをお持ちのサイト様のみとさせていただきました。
私の実力的に無理なんで、すいません。

スキビ☆ランキング様
↓↓↓↓
スキビ☆ランキング様

妄想☆爆走ビート~スキップなんかじゃいられない 妄想☆爆走ビート マサシ様


ド素人のスキビブログ18禁様
ド素人のスキビブログ18禁 氷樹様


艶やかな微笑様
艶やかな微笑 peach tea no1様


桃色無印様
桃色無印 きゅ。様


pink@ピグ様 pink@ピグ きゅ。様


*ソラハナ*様
*ソラハナ* MOKOM様


SKB様

SKB Agren様


THE SACRED LOTUS 天音蓮華様

THE SACRED LOTUS 天音蓮華様


Kierkegaard様
Kierkegaard perorin様


蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様
蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様


サイト名:月と蝶
URL:http://tukitocho.blog.fc2.com/

よかったらアメブロへもどうぞ。
http://ameblo.jp/pochiouji/
月と蝶
携帯でもどぞ。
QR
月にとまった蝶々様カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。