スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴天の霹靂 3

「久遠さんなんか。」
「「パパなんか。」」

キョーコとキョーコそっくりのかわいい双子の女の子。

「「「大っ嫌い!!!」」」

俺の中を大音量で駆け巡る単語は幸せの真っ只中にいたはずの俺に、これ以上ないほどの衝撃をもたらす。
まさに、落雷だ。
直撃を受けた俺は・・・死んでしまうかもしれない。



どうしていつもこうなる?

結婚して三年。
子供が出来て………。
あれ?

なぜか引っ掛かるものを感じながら、俺は彼女達に向き合った。

「ごめん。えっと理由を教えて。」

まずは理由を聞かなくちゃ。

「ひどいです。敦賀さん。」

ちょっとキョーコ。
呼び方が以前に戻ってるよ。
敦賀さんじゃないだろう

「パパ。きらい。」
「パパ。わるいひと。だめなの。」

子供達まで。
いったい俺が何をした?

「私、子供達といっしょに京都に帰ります!!」
「ちょっと待ってくれ。」

本当に何がどうなってるんだ?

「キョーコ。お願いだから、何があったか話してくれっ!!」
「心当たりがないとでも言うんですか!?」

ないよ。
全くないと言える。
自信をもって言い切るよ。

「パパ、ひどい。」
「パパ、きらい。」

君達まで。

あれ?
・・・・・・この子達、名前なんだっけ?
あれ?
あれっ?

「パパ、ひどい。」
「パパ、きらい。」

この子達、名前は?

「ママね、泣いてるよ。」
「ママね、さびしいんだよ。」

え?
キョーコにが泣いてる?
なんで?
キョーコがさびしい?

「パパにはやくあいたいんだって。」
「ママね、パパにいいたいことがあるんだって。」

俺に言いたい事?
なんだろう?

「だから、はやくかえってきてね。」
「はやくママをぎゅっとしてね。」

もちろん。
そのつもりだよ。

「パパ。おかえりなさい。」
「もうすぐママにあえるよ。」

え?
”おかえりなさい”?
”キョーコに会えるよ”って、今までここに。
あれ?
キョーコはどこ?
キョーコもしかして、出て行っちゃった?
いや、彼女が子供達をおいてそんな事するわけないし。

そういえば、ここ、なんか変だ。
俺のマンションだけど、なんか……微妙に揺れてる?

え?
子供達までいない。
今までここにいたじゃないか?

”パパ。”
”まってるね。”

え?
姿がないのにあの子達の声がどこからかした。

……そういえば、俺、子供いたっけ?

いや、キョーコも仕事があるし、時期をみてと……。

え?
え!?




◆◇◆◇◆



「蓮。おい、蓮。悪いが起きてくれ。もうすぐ着くぞ。」
「……あれ?社さん?」
「シートベルト着用してくれ。」

あれ?
ここ、マンションじゃない。

「やっと日本だな。」

そうだ。
俺、海外ロケで。

「帰ったら、そのままオフだからな。」
海外でのロケは1ヶ月以上におよんだ。
結婚してもタレント業を続けているキョーコは忙しく日本を離れることなんかできない。
俺自身も日本に帰ってくる余裕もなかった。
結婚してからこんなに離れていた事なんてないから、正直堪えた。
彼女は俺にとってなくてはならない尊大だって思い知った。
会いたくて逢いたくて、抱きしめたくて、抱きしめてほしくて。
このロケが終ったら二人でいっしょに旅行に行こうって約束してた。
俺はそれを糧にがんばったんだ。
二人だけでゆっくり過ごすんだ。

あれ?
二人?
でもさっき……。
あれ?

あれは夢?

え?

俺は夢を見ていたのか。

どうも夢と現実の境目が混濁しているようだ。

でも、良かった。

俺、君に嫌いだなって言われたら、生きていけないから。

でも、でも……あの子達かわいかったな。

夢だったのか。
あの子達が夢の中での存在だという事が残念でならない。

子供か。
そろそろ、いいよな。
帰ったらキョーコに相談してみよう。

あの子達にまた会いたいよ。



近づく地上の様子を眺めながら、思いは彼女の元へ。




◆◇◆◇◆



マンションに辿り着いたのは日が落ちてからの事。

君に逢いたい。
逢って君を抱きしめたい。

そして言うんだ。

家族をつくろうって言うんだ。

逸る気持ちを抑えいれないまま、いつもの駐車場に車を停めて降りる。
急いでエレベーターに乗り込む。
高速のはずのエレベーターさえ、もどかしく思える。

早く。
早く、君の元へ。

エレベーターを降りれば、待っているのは君の待つ俺達の部屋。

このドアの向こうに君がいる。

カードキーでロックを外しドアを開けた。

「ただいま!キョーコ!!」

明かりのついた部屋。

「キョーコ?」

既に帰宅しているはずの彼女。
しかし、予想に反して何の音沙汰もない。

いる気配はあるのに。

寝室かな?

そっと寝室のドアを開けた。

「キョーコ?」

明かりはついていない。
しかし、廊下からの薄明かりでベッドの上にこんもりと盛り上がった小さな山を見つけた。

「キョーコ?」
「………。」

俺の声で身動くところをみると起きているようだ。

「体調でも悪いの?」

オフを一緒に過ごす為に彼女も無理していたはずだし、自己管理のしっかりした彼女といえどもありえなくもない。

「キョーコ?」
「久遠さん?」
「うん。今帰ったよ。どうしたの?体調悪いの?大丈夫?」
「……お帰りなさい。」

ベッドに潜り込んだままのキョーコ。

”ママ、泣いてるよ。”

夢の中であったキョーコそっくりの女の子がそう言ったのを思い出した。

「キョーコ。泣いてるの?」

”はやくママをぎゅっとしてね。”

俺は覆いかぶさる様にして彼女を抱きしめる。

「寂しかった?」

彼女が頷いたのが分る。

「俺に会いたかった?俺もね、君に逢いたかったよ。あってこうして抱きしめたかった。」
「久遠さん。」
「俺に言いたい事があったんだよね?」

あの子達が言ったんだ。

「ね。キョーコ、話して。」
「久遠さん?」

キョーコが潜り込んだシーツの中から顔を出す。

「明かりつけてもいい?」

了解をとって明かりをつけると涙の後を残した彼女の顔が見えた。

「どうして泣いてたの?何が不安なの?」
「久遠さん!!」

彼女が俺に抱きついてきた。

「久遠さん。あのね。私……。」
「うん。」

彼女が何を話したいのか。
なんとなく予想がついた。

「あの……。私……。」
「あっやっぱり、ちょっと待って!先に俺に言わせて。」
「え?」

やっぱり俺から言いたい。
勝手でごめん。

「俺、どうしても欲しいものがあるんだ。」

俺のお願いを聞いて欲しいんだ。
俺の願いは君にしかかなえて貰えないものだから。

「キョーコ。家族が欲しいんだ。」
「久遠さん。」
「俺と君の家族だよ。」
「どう…して……。」
「会ったんだ、この子達にね。」
「え?」
「きっと双子だよ。」
「えっ?」
「二人とも女の子だった。」
「久遠さん。」
「君によく似たかわいい女の子。夢の中に出てきて、君が泣いてるって、寂しがってるって教えてくれたよ。」
「……夢に?」
「うん。産まれる前から母親思いのいい子達だね。」
「久遠さん。私、ちゃんとお母さんになれるかなぁ。」

家族愛に恵まれずに育った彼女だから、きっと不安だったのだろう。
そんな時に君を一人にしてごめん。

「どうしたらいいのか、分からないの。」
「大丈夫。俺もいるから。」

分からない事ばかりだけど、二人で頑張ろう。
二人でなら、きっと楽しいよ。



俺は、そのまま眠りに落ちた。
大切な彼女と彼女が宿した小さな命を抱いたまま。

その夜に見た夢はとても幸せなものだったと思う。



それから時が経って、俺は父親になる。
二卵性の双子。
女の子二人だと思ってたら、実は男の子で。
でも、二人ともキョーコにそっくりに育っていく。

小さな頃のキョーコそっくりな子供達。

俺は幸せだった。

「「パパなんか、大っ嫌い。」」

また、なのか。

「理由聞かせてくれる?」

衝撃に耐えながら、尋ねると返ってきた言葉は。

「ぼく、おとこのこだよ。」

は?
そうだね。
知ってるよ。

「パパ、ぼくたちのこと、おんなのこだとおもってたんでしょ?」


いつの話しだ?

「「ママが教えてくれたよ。」」

キョーコっ

「「だから、パパきらい」」

穏やかだったはずの久々の家族揃ってのオフ。

頼むから、キョーコそっくりの顔で言うのはやめてくれ





晴天の霹靂シリーズ 完結


ランキングサイト様に登録しています。
お気に召して頂けましたら、お願いします。
スキビ☆ランキング様
↓↓↓↓
スキビ☆ランキング様
入り口

お世話になります。
スポンサーサイト

青天の霹靂 2

「敦賀さんのバカーッ!!もう大っ嫌い!!」



それは突然の落雷の如く俺の心を……俺の身体を突き抜けた衝撃。



LMEの事務所で愛しい恋人の姿を見つけた俺。
一週間ぶりに見た彼女の姿に俺は今すぐ抱きしめたい衝動にかられた。
だけど、こんな場所では彼女が嫌がるだろうから、何とか押さえ込んだのだ。
衝動を堪えに堪えた。
それだけ彼女が大切だから。
逢いたかった。
彼女のいない一週間はきつかった。
干からびるかと思ったくらいだ。
毎日電話もした。
声だけでも聞きたかったから。
何故か、ゆうべは……通じなかったのだけど。
でも、いい。
今、ここで彼女そのものに逢えたのだから。

「キョーコ。会いたか……。」
「敦…賀さん…な………い!」
「え?キョーコ?」

何だ?
彼女の様子がおかしい。
何だ?この感じは!?
前にも覚えが……。



「敦賀さんのバカーッ!!もう大っ嫌い!!」



俺の脳はショートした。
それでも彼女の元に歩み寄れたのは本能か。
彼女の腕を掴めたのは危機回避能力が無意識に働いたのか。



「敦賀さんなんか嫌い。嫌い。嫌い。」

そればかり繰り返す彼女を捕まえて、理由を問いただすも、返ってくるのは「嫌い。」の単語だけ。
辺りを見回すも、カメラで覗かれている気配はない。
社さんを見ても「俺は知らないぞ。何もしてないぞ。 」と必死に訴えているだけ。

では何だ?
俺の幸せを脅かすものは何だ?

「キョーコ、落ち着いて。ラブミー部の部室に行こう。今日は報告に来ただけで、後はオフだから。それとも俺のマンションに来る?」

フルフルと首をふる彼女。
こんな風に彼女から拒まれた事などかつてない。
ショックを受けながらも彼女を手放したくなくて、そのまま抱き上げた。
すると急に大人しくなって、俺の胸に顔を埋めた。

仕事はもう終わりだし、彼女も仕事を放棄して俺に会いに来るような事はしないから、オフなのだろう。
俺は社さんに断りを入れて、彼女とともにマンションへ帰る事にした。



車の中で彼女は一言も発しなかった。
不安そうな表情でシートで丸くなっている。



何があったと言うのだろう。



とにかくマンションに帰ろう。
過ごし慣れたはずの俺の部屋で、彼女のお気に入りのクッションを置いて、彼女の好きなミルクティーを煎れよう。
そして、彼女の不安を取り除いてあげよう。
そうだ、この際だから一緒に暮らす事を提案してみよう。
今回だってきっと何かのすれ違いなんだ。
一緒に暮らしていれば、何かあってもすぐに解決できる。
……だから、俺達は大丈夫。
俺が君を守るから。



マンションの地下駐車場に車を停めて車を降りる。
助手席側に回り込んでまだ車から降りようとしない彼女をシートから掬い上げた。



愛しい、愛しい君。

どうか、嫌いだなんて言わないで。
俺には君だけなんだ。



彼女を抱えたまま、エレベーターに乗り込む。
幸いにして誰にも邪魔される事なく最上階に辿り着いた。



リビングのソファーに彼女を下ろす。

「少し待っていて。」

不安そうな彼女にそう言い置いてキッチンへと入った。

お湯を沸かして彼女と自分の分のマグカップを用意する。
俺はコーヒー。
彼女はミルクティーだ。
小さなミルクパンにミルクを注ぎアッサムの茶葉を入れる。
沸騰したら茶こしを通してカップへ。
かわいらしい小皿にティースプーンを置き、ハート型の角砂糖をのせてほんの少しだけブランデーを染み込ませた。
もう片方のカップには俺の分のコーヒーも注ぐ。
もう慣れたものだ。

トレイに乗せて彼女のいるリビングへ。
彼女はお気に入りのクッションを抱いてソファーにうずくまったままだ。

「お待たせ。はい。ミルクティー。」

本当にどうしたの?
俺は君の笑顔が見たいよ。
会えなかった一週間、君の笑顔をみる為に頑張ったと言ってもいい。
お願い、笑って。
君が笑顔になれない原因があるなら、二人で取り除こう。
俺は君の為ならどんな努力だってするよ。
だって俺は君がどうしよーもなく好きだから。

「これ飲んで落ち着こう。あったまった方がいいからお砂糖に少しだけブランデー垂らしてあるよ。」
「…………。」
「どうしたの?」
「飲めません。」
「え?ブランデーダメだった?……ちょっと待って普通のに変え……。」
「あっ……違っ……。」

彼女の手が俺の腕にしがみつく。
それはまるで”離れないで”と主張しているようで。
俺はそんな彼女が無性に愛しくて、彼女の隣に据わり直し、その細い肩を掻き抱いた。

「何があったの?」
「………ないの。」
「え?」

小さな小さな聞き流しそうな彼女の声。

「……………。」

もう一度聞いても同じにしか聞こえなくて。

「キョーコ。本当?」
「でも、遅れてるだけかもしれないし。」

そう、彼女が不安になっていた理由はそれだった。

こうしてはいられない。

「つっ敦賀さんっ!?」

俺はスマフォを手にとり、病院を検索し始めた。
いや、こういう時は社長か?
あの人ならこっそり診てくれる腕のいい医者を紹介してくれるはず。

いや、それより、キョーコだ!
こんなカフェインの入った飲み物なんかダメだ。
アルコールなんて以っての外だ。

ああ!
一体、何から手をつけたらいい?

こんな時の対処に躓くなんて、ダメだろう!!

彼女を不安にさせるなんて、男として情けなさ過ぎるだろう!!

彼女がどれだけ不安だったか考えるとやるせない。

ごめん。

ごめん!

キョーコ!!

「……痛い。」
「……えっ?」
「づる゛がざん゛……吐くぅ……。」
「えっ!?」

彼女はお腹と口元を押さえてヨロヨロと立ち上がる。

「キョーコ?どこいくの?」
「お……手洗い。」

俺は彼女を抱き上げてトイレに駆け込んだ。

「つ……敦賀さん。」

苦しそうな彼女の背を摩る。
……やっぱり間違いないのか。

「つ……敦賀さん、ポーチ持ってきて。」

ポーチ?

「それと……お水、お願いします。……うっ。」

慌てた俺はリビングへと引き返し、彼女のバッグごと手にして彼女の元へ。
それからすぐにトイレから追い出された俺。

数分後、グッタリとして出て来た彼女を抱えてベッドルームに運んだ。

彼女ご所望の水を運ぶと苦しげながらもホッとしたような彼女の顔に出会う。

「敦賀さん。ごめんなさい。」
「うん。大丈夫だよ。……鎮痛剤、飲めそう?」
「はい。」
「じゃ、噎せないようにゆっくりね。」

コクリと水と一緒に飲み下されたのは彼女愛用の鎮痛剤。

始めはつわりかと焦ったが、どうやら、遅れていた月のものがきたらしい。

でも、君には悪いけど、少しだけ残念だったかなぁ。

「ごめんなさい。敦賀さん。私。」
「何言ってるの?」

君を不安にさせたのは俺で間違いはないんだから。
俺がもっとしっかりしないといけないんだ。
今のままでは君を不安させてしまうばかりだ。
君が不安にならないように。

君が笑顔でいてくれるように俺は最善を尽くすよ。



「キョーコ。一緒に暮らそう。」
「はい。」



「俺と結婚して下さい。」



彼女の答えは?



それは小さな…小さななか細い声。



でも、俺は聞き逃さない。



微笑む彼女を抱きしめた。



明日。
社長に会いに行こう。
そして彼女との事を報告しよう。
父さんと母さんにも言わなきゃ。
社さんには冷やかされるかな。でもあの人の事だから胃に穴あけてでも時間つくってくれそうだな。……倒れられたらまずいけど。
琴南さんにはヤキモチ妬かれるかなぁ……彼女は俺の永遠の恋のライバルだから。
だるまやのご夫婦にもご挨拶いかないとな。”結婚する事になりました”じゃ普通過ぎるし、やっぱり”お嬢さんを下さい”かな?



愛する彼女を抱きしめて、その温かさに眠りを誘われた。



いつか本当に身篭ってくれた時、君が笑顔でいてくれるように。



今度、俺の心に落雷を落とすなら、もう少しお手柔らかに頼むよ。
そうだなぁ。
……一人だと思ったら双子だった……くらいでお願いします。
それも大変だと思うけど。







ランキングサイト様に登録しています。
……なもんで、お気に召して頂けましたら、押して。押して。押して。
スキビ☆ランキング様
↓↓↓↓
スキビ☆ランキング様
入り口

お世話になります。
(」゜□゜)」
あっぽちっと頼みます。
スイッチオン

こんなときでもお笑い脳。

青天の霹靂 後編

ラストです。

区切り悪くて~。

ごめんなさい。



続きをどぞ。







続きを読む

青天の霹靂 中編

どうもタイトルしっくりこないけど……まいっか。


中編です。


良かったらどうぞ。






続きを読む

青天の霹靂 前編

引っ越し先第一弾妄想です。

興味ある方だけどぞ。







続きを読む

プロフィール

げっか(月華)

Author:げっか(月華)
蓮キョ大好きです。
駄文しか書けませんが、よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
504位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
238位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

バナーリンク完了
画像つきリンクはバナーをお持ちのサイト様のみとさせていただきました。
私の実力的に無理なんで、すいません。

スキビ☆ランキング様
↓↓↓↓
スキビ☆ランキング様

妄想☆爆走ビート~スキップなんかじゃいられない 妄想☆爆走ビート マサシ様


ド素人のスキビブログ18禁様
ド素人のスキビブログ18禁 氷樹様


艶やかな微笑様
艶やかな微笑 peach tea no1様


桃色無印様
桃色無印 きゅ。様


pink@ピグ様 pink@ピグ きゅ。様


*ソラハナ*様
*ソラハナ* MOKOM様


SKB様

SKB Agren様


THE SACRED LOTUS 天音蓮華様

THE SACRED LOTUS 天音蓮華様


Kierkegaard様
Kierkegaard perorin様


蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様
蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様


サイト名:月と蝶
URL:http://tukitocho.blog.fc2.com/

よかったらアメブロへもどうぞ。
http://ameblo.jp/pochiouji/
月と蝶
携帯でもどぞ。
QR
月にとまった蝶々様カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。