Prisoner 〜堕天〜 7 (最終話)

闇の中に佇む巨城。
一度は跡形もなく消えたという城。
城どころか、魔界の一部がごっそりと消滅したのだと、彼の腹心たる悪魔から聞いた。
地上に堕ちゆく私を追うために彼が空間を強引に捩曲げた事がその原因だという。

それが、主の手により蘇った。
とは言え、いかに彼であっても、一度にすべてを元に戻すことはかなわないらしい。
中には永遠に失われたものもあるのだと。
今は彼の城が暗い空間に浮かぶだけ。
主の帰還に、どこからともなく現れた悪魔達がざわついていた。
その中で唯一、静寂に包まれた室内……彼の寝所に私はいた。
彼の腕に包まれて。

「キョーコ。後悔は無いのか?…といっても、もう遅いが。」

私は、人間である事を捨て、天使であった事実さえ捨て、彼の腕の中にいた。
人間であった時には幾度となく経験した子をなす為の行為。
かつて”天使”と呼ばれた姿のままで、悪魔の腕に抱かれた。
気の狂いそうになる程の快楽に溺れ、今はただ彼に身を委ねている。
何度も求められ、もう指一本ですら、思うように動かない。
私は堕ちた。
彼の腕に。
黒く染まりつつある私の翼。
上級天使ではない私は、彼のような美しい黒翼は得られないだろう。
醜く染まっていく私。
醜い私を貴方は愛してはくれないでしょう。
せめて、貴方が愛してくれる間だけは、側にいさせて。
そんな思いに応えるかの様に彼の口づけが甘く優しく降りてきた。

「今、何を考えていた?」
「えっ?」
「俺は君を手放したりなどしない。たとえ神が君を連れ去ろうとしても、決して放さない。」
「レン……。」
「君は愛を知った時、許されるのだろう。神は君を俺から奪おうとするかもしれない。許しを得た君は俺から離れて天に帰ろうとするかもしれない。でもね、それは無理。俺は君を放さない。天になんて帰さない。帰れないくらいに俺に溺れて身を汚してしまえばいい。」

それからまた、私は彼に翻弄された。
彼から与えられる熱に心までも支配される。
そんな私をさらに虜にしようとする。
悪魔と交わり、もう天に帰る事など叶わないというのに。
髪の毛一本さえ、彼のものだというのに。

「少し話しをしよう。昔、悪魔が天使に出会った話。」

胸が痛い。

「ミモリと私が殺した悪魔の事?」
「それよりも、もっと昔。」

それは私と彼の出会いだった。
神の園に彼が入り込んだ事、そこで半ば意識を無くした私に出会った事、そして私と彼の間には密かなる契約が交わされている事。

「契約?」
「君は俺の魔力に触れたからね、他の天使よりも悪魔に見付けられやすい。……今回も、本当なら君が下級悪魔になど見つかるはずはなかったのに。」

その効力が突然、無くなってしまったのだ。
私の存在に気付いた悪魔が、集まって来たのだという。
悪魔達に囲まれ、彼は決断を迫られた。
下す結論は一つしかなく、彼は現れた。
ゆらゆらと揺らめきながらも、レンに怯えて平伏す悪魔達。

「レイノ。神に伝えろ。彼女は帰さぬと。」

そのまま、闇の中に連れ去られた私。
そういえば彼は、兄として側にいてくれた天使はどうなったのだろう。

「智天使の事なら心配するな。俺が直々に命を与えた。下級悪魔とて手出しはしない。何より力の衰えた悪魔に敵う相手ではないからな。」



『愛を知ったか?天使よ。』

私の頭の中に響く声。
彼にも聞こえるのか、レンは身を起こして私を腕の中に抱き込む。

「帰さない。」
「レン、貴方を愛しています。たとえこの身が神の裁きにより滅びようとも。」
「させない。」

強く抱きしめられた。
いつも私を愛してくれた貴方。
神の裁きがどんなものか分からないけれど、貴方の幸せを祈らせて。
たとえ私が消えても、どうか……。



背中が熱いと感じた瞬間。

「っ!ぁああっ!!」

熱い。
焼けそうな程に。
翼がもげてしまいそうだっ。

「キョーコっ!」

痛みにのけ反る身体をレンが支えてくれる。
私の意識は遠のいた。



『天使。お前の白き翼をあの者にくれてやった。』
”私の翼?”
『お前が殺めようとした悪魔よ。』
”殺めようとした…?いいえ、だって私は彼を……。”
『救ってやった。お前は、天に還る気はないのだろう?……翼くらいくれてやれ。』
”私は……彼の元にいてもいいのですか?”
『あの悪魔がお前を放さぬのだから仕方あるまい?』
”神よ。お願いがあります。ミモリと彼の姿を見せて下さいますか?”
『よかろう。』

懐かしい景色が視界に広がった。
そこにで抱き合う二人はミモリと天使に身を変えたあの悪魔だった。



涙が止まらない。

”神よ。感謝します。”



「キョーコ。」

目をあければ、穏やかな顔のレンがいた。

「神も……。小憎いマネをする。」
「レンにも見えたの?」
「見せられたというのが、正直なところだ。………どこか、痛むところはないか?」

そういえば翼……。
もう空は飛べないのね。
名残惜しげに手をやれば変わらぬ感触が触れた。

翼?翼がある?

ひらりと落ちた一枚の羽。
私の背には蓮と同じ漆黒の翼があった。

「レン!」
「天の神は変わり者だな。悪魔にすら救いの手をのばすとは。」
「愛をとなえる神ですもの。私を心から愛してくれた貴方だからだわ。」



「キョーコ。」
「レン。」



闇に浮かぶ巨城の周囲に、美しき花々の野が広がった。
二度と見ることないだろうと思われた、聖なる地の風景。
彼と私が初めて出会った場所と同じ花が咲く。



私を捕らえて放さない美しき花の野。
天から堕ちてさえ尚、私を虜にする永遠なる園。







Prsoner 〜堕天〜 END

続きを読む

スポンサーサイト

Prisoner 〜堕天〜 6

私は囀る事を知らない小鳥。
私の目は何も写さない。
翼さえも失い、ただここにあることしかできない、哀れな小鳥。
あなたの気配を感じながら待つしかない無力な生き物。

お願い。
逢いに来て。
逢いたいの。

レン。

私の優しい悪魔。



兄のレイノが帰宅してきたのが音と気配で分かった。
また、彼の香りがする。

「キョーコ。」

優しい兄の声。

「泣くな。」

気がつかなかった。
私は泣いていたらしい。

「泣くな。キョーコ。」

兄の腕が私を包む。

「逢いたいのか?」

優しい兄の声に私は頷いた。
逢いたいの。
彼に逢いたいの。
私はあの人に逢うために生まれてきたの。

「二度と天に還れなくてもか?」

兄さん?

「神は許さないかもしれないぞ?」

兄さん……貴方も天使なの?

「あの男が俺達とは相反する存在だという事は分かっているのか?」

知っているわ。

「あの男が、次代の魔王である事もか?」

えっ?

「選べ、キョーコ。許しを得て、天へ還るか。堕天使となり魔王の元へ行くか。………お前はどちらを望む。」

私は……。

懐かしい世界。
美しくて、温かくて、大好きだった光の世界。
きっと闇の世界にはないもの。
闇に堕ちれば、今度こそ、光を失うだろう。
それでも私は、あの人を愛してしまった。
私は愛を知った。

神は私に言った。
”お前が愛を知った時、お前の罪は許される”と……。
でも、私が愛したのは、悪魔。
その王たる権利を持つ者。
神に仇成す存在を私は愛してしまった。

”神よ。私は……。”

それでも私は彼と共にある事を望んでしまった。

”ミモリ……今なら、あなたの気持ちが分かるわ。この身をかけてでも愛したいと思う気持ちが。ミモリ……どうしたらいい?”

私は彼女から、愛する人を奪ったのだ。
神が許しても、けっして消えることのない大罪。

私はどちらも選んではいけないのかもしれない。

どちらも選べない。

どちらも私には……許されない道。

「泣くな。素直になればいい。」

兄さん。

「ミモリの事なら心配するな。あいつは……。っ!!!」

不意に感じた悪寒。
嫌な空気が肌を刺激する。
何?この感じ。

『ミツケタ。』

まがまがしいまでの声。

『ミツケタ。イケニエ ノ ハナヨメ。』

「俺を追って来たのか。」

気配は一つ二つと増えてゆき、私達を取り囲む。
誰?
人ならざる者であることは確かだ。

「キョーコ、俺から離れるな。低級悪魔とはいえ、今のお前では簡単に取り込まれるぞ。」

悪魔?
彼らも悪魔だと言うの?

私は、あの人と私が手をかけたあの男以外の悪魔を知らない。
だから知らなかった。
神や天使が悪魔と対立する本当の意味。

私は知らな過ぎた。

綺麗な世界に立って、何も知らずに笑んでいただけ。

怖い。

レンっ!

助けてっ!

レンっ!!

「…っ……んっ!レ…ン…ッ!」

歌う事を知らないはずの私が初めて、発した言葉はあの人の名。
求めて、やまない、私に気付いているはずなのに逢いには来てくれない人。
こんなにあなたを愛しているのに。

”キョーコ。”

私の名を呼ぶ耳に心地良い声が脳内に響く。
兄の声ではない。
愛しい人の……。

「キョーコ。」

どこからともなく現れて、温かな腕で私を包む。

「すまない。俺は君を連れていくしか無いらしい。」

抱きしめられ、耳元で甘く囁く声。

それは私を誘う甘い悪魔の誘惑。



続きを読む

Prisoner 〜堕天〜 5

『オウ ヨ。』

姿無き、者が囁く。

『ナゼ ワレラ ヲ ウラギッタ……。』

正確には姿が無いのではない。
姿を保てないのだ。
力のほとんどを費やし、何とか消えさる事だけは回避した者。
俺が魔界を飛び出した際に消し飛んだ空間ごと、身体を持っていかれたのだ。

「………帰れ。ここはお前の世界ではない。」

『ウラギリモノ ノ オウ ヨ。トモニ コイ。サスレバ セカイ ハ サイセイ スル。』

「俺でなければならない理由はない。魔界に帰れ。」

『オウ ヨ。 ナゼ カエラヌ。 ナゼ ソノ チカラ ヲ ツカワヌ?』

「去れ。」

『アノ テンシ カ。』

「それ以上言うならば、存在すら消し去ってやるぞ。」

『テンシ……テンシ ヲ サガセ!』

『アクマ ゴロシ ノ テンシ ヲ サガセ!』

陰が……人ならざる存在がユラユラと幾つも現れた。

『アノ テンシ ヲ ヤミ ニ ヒキズリ コメ!』

『テンシ ヲ サガセ!』

『ワレラ ガ オウ ニ ササゲヨ!』

『オチタ テンシ ヲ サガセ!』

「消えろ。」



ゆっくりと左手を影達にかざし、わずかに力を込めて気を放てば。

影は断末魔の叫びをあげて霧散した。

「……いくつか……逃げたな。」

声の先には銀髪の男が立っていた。
パープルの瞳が人ならざる者であると語る。
彼は監視者だ。
おそらく……影達の気配を察してやって来たのだろう。

「お前にキョーコを捧げるつもりだったらしいが……良かったのか。おかしな悪魔だな。あんたは。」

そうだ。
力はあるのだ。
一度は失った魔力は既に取り戻している。
この世界から抜け出す気なら、いくらでもできる。
欲望のままに、あの愛しき天使を連れ去る事など容易に出来てしまう。
それでも……それをせずにいるのは……何故だろう。
天使だろうと、人間だろうと、悪魔になろうとも関係なく彼女を大切だと思う気持ちは変わらないのに。

「智天使……キョーコはどうしている?」
「相変わらずだ。いつも誰かを探しているそぶりを見せる。お前に会った後は特にな。」
「………。」
「確信はないが……記憶があるのかも知れない。」
「………。」
「……お前と同じだ。」
「……お前達の神は何を考えている?人間として生まれ変わった俺に以前と変わらない力を与え、記憶まで残すとはな。」
「……神の考えは我等にも分からない。」
「ご苦労な事だな。レイノ。」
「悪魔どもが退散したのなら、もう用はない……帰らせて貰う。」
「気を付けろ。悪魔は鼻がきく。……何かあったら、呼べ。」
「………。」

複雑な表情を見せた後、智天使は姿を消した。



『キョーコ。』



思いは君の元へと飛ぶ。



『レン。』



俺を呼ぶ彼女の思いが届く。
すぐにでも君を抱きしめにいきたい。
なのに……枷が……幾重にもかけられた枷が、それを許さない。



彼女は天使だ。



彼女はいつか……あの美しい世界へ還るのだ。
俺と彼女が初めて出会ったあの美しい世界へ。



愛を知らなかった彼女が、愛する事を知り、俺を愛した。
彼女が愛を知った時……彼女は罪を許される。
愛する事を知った彼女は天に還るのだ。
あるべき世界へ。
彼女に相応しいのは間違っても、あの暗く澱んだ闇の世界ではない。
多分、これが最後の転生。



君を愛している。



だから、最後くらい狂おしい程に俺に焦がれてくれ。



世界が俺達を隔てても、思いだけは繋がっていけるように………。










暗いなぁ。

Prisoner 〜堕天〜 4

私が堕とされたのは地上。
翼を持たず、自由に空も飛べない無力な存在となった。
時間と重力に捕われた世界。
見上げる空は、どこまで続いているのに、人の身が生きることを許される領域は狭い。
……そして知った真実。
全ての者に同じ思いが降り注ぐ……それが天使が人に与えている愛なのだと思ってた。
それが可能なのだと思ってた。
それが、どんなにうすっぺらいものだったのか。
人の身として、この世に生れ落ちてはじめて知った。
天使として生きるもの達の傲慢さを。
地上は飢えている。
そんな中で…限られた時間の中で…人間は必死で生きている。
気まぐれな天使が与える慈悲なんて、そんな物は一瞬で枯渇する。
焼け石に水を撒くようなものなら、最初からない方がマシだ。
地上は、天上の世界のように、美しいものだけが存在するわけではない。
嘘も、裏切りも、欲も、悲しみも、醜さも、穢れも、……そんなものであふれた世界にたった一人の天使の無償の愛は跡形もなく消え去る。
そんな事も知らずにいたなんて。

人としての思いなら尚更で、愛なんて身近な者に注ぐだけで精一杯。
……身近な者を守るだけで精一杯だった。

あなた一人を愛するだけで精一杯だった。

人として生きている間は天使だった頃の記憶はない。
いつも、その生涯を終えてからすべてを知る。
あなたが私のそばにいてくれた事も。

何度、生まれ変わっただろう。
その度にあなたは私を探し出し、そばにいてくれた。
生まれ出るタイミングもその時々。
一瞬、触れ合っただけで終わった時もある。
身分も関係も様々で、主従関係だった事もある。
前回は兄と妹、その前は恋人同士、その前は母子。
必ず……あなたは共に合った。

『また、会える。』

そう信じてた。
だけど今回は何かが違った。

私はあなたを覚えていた。
私が過去天使と呼ばれた存在であり、あなたは悪魔。
あなたが私と共に、この地に堕ちた事も覚えている。
これまでの記憶を残したままで私は生きている。

引き換えであるかのように失ったものがある。

”声”と”視覚”。

私は表現する術を知らない。
失った視覚の変わりに鋭くなった感覚はあなたの気配を感じているのに………あなたが側にいない。



………逢いたい。
お願い。
側にいて。
もう、あなた無しでは生きてはいけない。



『逢いに来て……。』



『レン。』



私の優しい”悪魔”。

prisoner 〜堕天〜 3

私達は堕ちて行く。
どこへ?
相反するはずの存在に抱かれたまま、いつ果てるともしれない底へ堕ちて行く。
貴方は後悔しないの?
私なんかと一緒に堕ちても……。

『君とだから。』

私が罪を背負い、穢れた存在だから?

『君は君だ。どんな存在でも構わない。』

何故?

『君だけを見ていた。ずっと昔から。君に恋をしたから。』

私は貴方を知らないわ。

『俺さえ君を知っていればいい。』

貴方本当に悪魔?
私の方が悪魔みたいだわ。

『悪魔でも、天使でも関係ない。』

そうね。
じゃあ……このまま抱いていて。

『ああ。』

私を離さないで。
愛なんて知らないけど……、私を抱く、この腕は温かくて、優しい。
生まれて初めて……温もりを知った。
愛なんて知らないけれど……。



薄れ行く意識。
何かに飲み込まれていく身体。
私はきっとこの存在を見失うことはない。
どこに堕ちようとも……。



気づけば、貴方は私の側にいた。
必ず私を見つけ出してくれた。



これから先、どんな事があっても離れる事はないのだと思ってた。



月と蝶 〜月の夜にはそばにいて〜


イラストご提供……

Kierkegaard
 perorin


……あきらかにイラストに文書が負けている〜。


そう思わずにはいられないぽっつんでした。


どうもありがとうございました。



……恋心も明日またアップしよう。
では今日はおやすみなさい。
プロフィール

げっか(月華)

Author:げっか(月華)
蓮キョ大好きです。
駄文しか書けませんが、よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
374位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

バナーリンク完了
画像つきリンクはバナーをお持ちのサイト様のみとさせていただきました。
私の実力的に無理なんで、すいません。

スキビ☆ランキング様
↓↓↓↓
スキビ☆ランキング様

妄想☆爆走ビート~スキップなんかじゃいられない 妄想☆爆走ビート マサシ様


ド素人のスキビブログ18禁様
ド素人のスキビブログ18禁 氷樹様


艶やかな微笑様
艶やかな微笑 peach tea no1様


桃色無印様
桃色無印 きゅ。様


pink@ピグ様 pink@ピグ きゅ。様


*ソラハナ*様
*ソラハナ* MOKOM様


SKB様

SKB Agren様


THE SACRED LOTUS 天音蓮華様

THE SACRED LOTUS 天音蓮華様


Kierkegaard様
Kierkegaard perorin様


蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様
蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様


サイト名:月と蝶
URL:http://tukitocho.blog.fc2.com/

よかったらアメブロへもどうぞ。
http://ameblo.jp/pochiouji/
月と蝶
携帯でもどぞ。
QR
月にとまった蝶々様カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる