うさぎ月夜に星の雨 『星は見えなくても……』お引っ越し先の事情……タイトル変えました。

ウサ蓮さんとウサキョちゃんは、この度、新居にお引越ししました。

高級マンションの最上階。

緑や土のにおいはしません。

窓から見える空には、光り輝く星々の姿はません。

だけど、とても優しい空間なのです。

親友の奏ウサちゃんや他の皆には、なかなか会えないけれど、二匹はとっても幸せです。

何故なら。

小さくまとまったうさだんごに、小さなおだんごが一つ増えたのです。

それを見たこの空間の主も幸せな気分になりました。




「かわいい!」
「かわいいね。」

某有名牧場から譲って貰ったうさぎのカップル。
赤ちゃんが産まれなくて…もう少しで食べられちゃいそうになっていた白いうさぎさん。
必死に白うさぎを守ろうとする黒いうさぎさんと一緒に引き取った。
引き取ってすぐに白うさぎちゃんには赤ちゃんができました。

やがて生まれたのは、白うさちゃんそっくりの小さな小さな白うさぎちゃんでした。
女の子みたい。

今はリビングの片隅で親子で仲良くおやすみ中。

よかった。

私達もまだ子供にめぐまれてないけど頑張るね。

「俺達も頑張ろうか。」
「はい。」



恥ずかしそうに笑う妻。
何年経ってもかわいい。

結婚して5年……。
そろそろ子供ほしいかも………とやっと思いはじめた旦那様だった。



- おしまい -



≪おまけ≫

ある夫婦の会話。

「キョーコ。子うさぎの名前決めた?」

「はい。いろいろ悩んだんですがぁ。あめちゃんにしようかと。」

「雨?」

「はい。生まれた日。たくさんの流星が流れてたんですよ。」

「ああ、”星の雨”だね。」

「はい。だから”あめちゃん”です。」

「軽井沢の社長の別荘に着いた途端に産気付いた時は焦ったよ。」

「久遠さんったらウサ蓮さんと同じくらい慌ててましたよね。」

「夜だったし……病院あいてないし。どうしようかと思って。」

「あの時は、軽井沢のロケになって調度いいなぁ、なんて思ったんですけど、ごめんなさい。仕事から帰ってすぐに車で出してもらう事になっちゃって。疲れましたよね。着いたらすぐでしたし。……里帰りさせてあげても良かったけど、遠すぎましたしね。預けっぱなしも嫌ですし、病院もあまり好きじゃなさそうでしたし。」

「いいよ。オフも挟んでのロケだったし、久々に自然を満喫できたじゃないか。ウサキョちゃんも、少しでも自然のあるところで出産出来て少しは安心できたかもよ。」

「そうだといいなぁ。」

「きっと、そうだよ。」

「うふふ。」

「ん?何?」

「あの時の久遠さんとウサ蓮さんを思いだしたら面白くて。」

「………。」

「慌てても仕方ないのに。」

「…………とっ…ところで、ウサ蓮はどうして”ウサ蓮”なんだろう。」

「牧場主のお嬢さんが久遠さんのファンだったみたいですよ。」

「それで”蓮”なのか……最近、うさぎな感じがしないんだよね。」

「そっくりですものね?」

「えっ!?」

「ヤキモチヤキさんなところも、うさぎさんにしてはちょっとビッグサイズなところも、少食で困ったさんなところも、久遠さんにそっくりですよ。」

「………ご飯はちゃんと食べます。わがままも言いません。」

「やっぱり、似てますね。優しくて頼もしくてステキな旦那様なところも。」

「じゃあ、次はウサ蓮を見習ってステキなパパにもなれるように努力するよ。協力してくれる?」

「……破廉恥です。」



星は見えないけれど、月の綺麗なある夜のこと。



続きを読む

スポンサーサイト

うさぎ月夜に星の雨 『ウサ蓮さんの日課』

ウサ蓮さんとウサキョちゃん。

ウサキョちゃんは疲れてお休み中、ウサ蓮さんは満足げな様子で一緒にベッドの中。

今日もお勤めご苦労様でした。(←お勤め…一応。ものは例えようだな。)

お休み前……ウサ蓮さんには日課があります。
疲れてぐっすり眠るウサキョちゃんのお腹に話し掛けるのです。

「まだ、生まれてきちゃだめだよ。」

“はい”

「よし。いい子だ。」

……律儀に言い付け守る未来の子ウサちゃんでした。

既にそこまで手が回っている。



- 続く……らしい -

ええっ!?



≪おまけの単語録≫
”うさだんご”について。
”うさだんご”イコール”あれ”だとお思いの方から頂いたコメントに”おはぎのようなうさだんご”という表現が。
………それはつまり、白ウサのキョコたんに黒ウサの蓮さんが乗っかった状態を言うのかね?
おらぁべつにそれだけのつもりで”うさだんご”言うたわけではござらぬよ?
それもうさだんごの形態の一つ?最終進化みたいな?
”うさだんご”おはぎ型……表現まで進化しちまってるよ。
アンタ神だよ。ま○しゃんよ〜。
おそるべし。



続きを読む

うさぎ月夜に星の雨 『ウサギの国の暴君』

町で唯一のお医者さんのやしウサ先生。
通称”やっしー”。
とっても優しくて、うさぎの国では”名医”として有名なお医者さまです。

今日の最初の患者さんは?

「最初の方、どうぞ。」
「あの………。」

小さな声でおずおずと入って来たのは……。

「あれ…ウサキョちゃん?」

町で一番かわいいと評判のウサキョちゃんでした。
何より有名なのは、その旦那様の溺愛ぶりなのですが、まだ子宝に恵まれていない事も有名で……作意的なものがあるのも有名で………。
でも、ここに来たと言う事はもしかしたら………。
『いやいや、とにかく聞いてみよう。もし、そうなら、俺は専門外だし。』

「どうしたの?どこか具合でも悪いの?」

とにかく慎重にだ。
相手は大魔王ウサ蓮の奥様なのだ。

「相談があって……。」
「相談?」

何故だか……嫌な予感がします。

「あの…あ…あ…あ…あ…赤ちゃんの作り方を教えて下さいっ!!」

ゴイーン。
ぐわぁんぐわぁん………。
上から金たらいが落ちてきた……ような衝撃がやしウサ先生を襲う。

「えとぉ……ウサキョちゃん。それはウサ蓮に……。」
「ウサ蓮さんには何度も相談してますぅ〜〜。」

『ウサるぇ〜〜んっ!!!』

出来ない理由を察してしまったやしウサ先生。
これはもう作意的なものだ。
そうなるとやしウサ先生には……やしウサ先生以外の医者でも無理です。
なんせ相手はウサ蓮さんなのですから。

「先生、私、赤ちゃんがほしいんですぅ〜。」

ぽろぽろ……。
大きな目から涙が、こぼれ落ちています。

「ウサキョちゃん。」

『ウサ蓮、お前何やってんだよ。どうせ、まだ二人っきりでいたいとか、子ウサできたら、ウサキョちゃんに構って貰えなくなるとか、考えてるんだ。絶対。』

やしウサ先生はお見通しなのでした。

泣いたままのウサキョちゃん。
とにかく慰めないといけません。
やしウサ先生が肩に触れようとしたところ…………。

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ………。

何か地なりのような音が………。
気付けばウサ蓮さんが診察室の入口に立っていました。

『いつのまに………!!』

その形相ときたら、大魔王そのものです。

「ウサれ……」
「え?ウサ蓮さん?……どうしてここに?」

ウサキョが気付いた途端に空気は一変。
お花が中を舞う。

「ウサキョも相談に来たの。実はね、診療時間前だったんだけど……相談に乗ってもらってたんだ。」

『嘘をつけーーーーーーーっ!』
とは口には出せないやしウサ先生。

「あのね、ウサキョのせいじゃないから安心して。赤ちゃんの作り方なら俺がやしウサ先生からちゃんと聞いておいたから、大丈夫だよ。」
「本当ですか?」
「うん。本当だよ。今日もがんばろうね。」
「はいっ。」

涙はぴたりと止まり、ウサ妻となった今でも、ウサ蓮のライバルを増やし続けるキューティバニーフラッシュが炸裂する。

「さっ帰ろうね。ウサキョ。」

ウサキョちゃんはウサ蓮さんにお姫様だっこされて帰っていきましたとさ。



「〜〜〜っ!…………はいっ!次の方!!(←ヤケクソ)」

早くお嫁さんがほしいなと思うやっしーだった。



-まだ続く-



続きを読む

うさぎ月夜に星の雨 『ウサ蓮さんの秘密』

愛する旦那様との愛の巣で、今日もせっせと主婦業に勤しむ幼妻のウサキョちゃん。

早くウサ蓮さん帰って来ないかなぁ〜とか考えつつ、お部屋のお掃除中。

「?」

ベッドの上に何か置いてあるのを見つけました。

カラフルな箱小さな箱。

「何かしら?」

手にとって見ると箱には……。

『XL???』(←本当はどうやらそんなサイズは無いらしい???????)

幼妻ウサキョちゃんには、よく分かりません。

用途を読もうとしたところで。

「ウサキョ。」

ウサ蓮さんが帰ってきました。

「あっ、ウサ蓮さん、お帰りなさい。」

嬉しくて、ウサキョちゃんの小さなぽにぽにしたしっぽが小刻みに動いています。

「ただいま、ウサキョ。それより、それ頂戴。」

「これですか?」

ウサキョちゃんは素直に手にした小箱を手渡しました。

「なんですか?それ??」

「うん。俺もよくわからないんだ。お店の人が間違えて入れたみたいだから、返しに行ってくるね。」

明らかにすっトボケているウサ蓮さん。

その神々スマイルの裏では……。

『メーカーに言ってパッケージ変えさせないと……。』

なぁんて事を考えていた。

子ウサが出来ない理由は実に簡単だった。

ウサキョちゃん、気づけ!!



-続く…のかっ!?-






≪おまけ≫


「ええっ!?商品入れ替えですかっ!?しかも、在庫も回収??……何か合ったんですか?……はぁ……。ええっ!?それは大変だっ!!そちらの全商品すぐに下げます!!………しかし、なんですね………あそこの一家は二代揃って。……言わない約束でしたな、松ウサ主任。……はい。お互い”触らぬ、大魔王に祟りなし”ですな。では、また。」


ウサちゃんマーケットのウサワラ店長。
愛する妻とかわいい娘の為……店内に戻り並べたばかりの一部の商品を回収に行きましたとさ。



次の日、一個だけ回収し損ねた商品をウサキョちゃんに見つかり、さらに商品の用途まで知られて、店内中を……うさぎの国を震撼させたのは、また別のお話し。



続きを読む

うさぎ月夜に星の雨 『幼妻ウサキョの涙』

ぴょんぴょん跳ね回る子ウサちゃんたち。
ウサキョちゃんの周りをぴょんぴょん。

『……いいな。』

自分のお腹に手を当ててみた。

『…………いないの。』

ぽろぽろ。

「ちょっ…ちょっと!!あんた何、泣いてんのっ!?ああっ!もーーーーーーーーっ!!!」

ごはんを奪いあい、ごはんを求めて襲い来る子ウサ達をとっては投げしていた奏ウサさんはぎょっとした。

「あんた達、ごはんの争奪は外でやってなさぁい!!」

大きく振りかぶった奏ウサさん
その手より無数の食い物が放たれ、窓から飛び出したそれを追っかける子ウサ達。
米粒大になってキラーンと空で輝くごはんを求め、行くよ彼らはどこまでも。
土煙を上げつつ突進する様はウサギと言うより犬のよう。

「奏ウサ………。」

今やすっかり成長して、奏ウサの旦那様になったヒオウサ君。

「ヒオウサさん。ちょっと出てくるので子ウサ達をよろしくね。」

奏ウサさんはウサキョちゃんを連れ出した。

ぽろぽろ。

「赤ちゃん………ほしいな。」

ぽろぽろ。

「そのうち、ちゃんと出来るわよ。」

「毎日頑張ってるのよ。……ウサ蓮さんはどんなに疲れて帰ってきても頑張ってくれるの。私だって恥ずかしいの我慢して、あんな破廉恥な……。ああっ思い出しただけでもいやーーーーーーーっ!」

「……毎日……破廉恥……。」

「赤ちゃんほしいよぉ。ふぇ〜〜ん。」

「…………あんのタネナシウサギがぁっ!!!!」

奏ウサさんが吠えた。



- 続く -



続きを読む

プロフィール

げっか(月華)

Author:げっか(月華)
蓮キョ大好きです。
駄文しか書けませんが、よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
723位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
349位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

バナーリンク完了
画像つきリンクはバナーをお持ちのサイト様のみとさせていただきました。
私の実力的に無理なんで、すいません。

スキビ☆ランキング様
↓↓↓↓
スキビ☆ランキング様

妄想☆爆走ビート~スキップなんかじゃいられない 妄想☆爆走ビート マサシ様


ド素人のスキビブログ18禁様
ド素人のスキビブログ18禁 氷樹様


艶やかな微笑様
艶やかな微笑 peach tea no1様


桃色無印様
桃色無印 きゅ。様


pink@ピグ様 pink@ピグ きゅ。様


*ソラハナ*様
*ソラハナ* MOKOM様


SKB様

SKB Agren様


THE SACRED LOTUS 天音蓮華様

THE SACRED LOTUS 天音蓮華様


Kierkegaard様
Kierkegaard perorin様


蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様
蓮キョ☆メロキュン推進!「ラブコラボ研究所」 (風月のスキビだより) 風月様


サイト名:月と蝶
URL:http://tukitocho.blog.fc2.com/

よかったらアメブロへもどうぞ。
http://ameblo.jp/pochiouji/
月と蝶
携帯でもどぞ。
QR
月にとまった蝶々様カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる